てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

  1. トップ
  2. サイコソーシャルリハビリテーション研究会
  3. 第40回名古屋サイコソーシャルリハビリテーション研究会に参加しました

第40回名古屋サイコソーシャルリハビリテーション研究会に参加しました

2019年11月30日(土)、第40回名古屋サイコソーシャルリハビリテーション研究会に参加しました。


日時:2019年11月30日(土)18:00~
場所:ホテルメルパルク名古屋 3階「若葉」  名古屋市東区葵三丁目16-16
【情報提供】18:00~「不眠症治療薬 ルネスタ錠について」 エーザイ株式会社
【一般演題】18:15~18:45
座長:すずかけクリニック院長 福智寿彦
演者:福智クリニック デイケア「ぶなの森」臨床心理士 伊藤友厚
『当院デイケアにおける高齢者統合失調症患者の現状~その後を見据えたアウトリーチ~』
【特別講演】18:45~19:45
座長:愛知医科大学 精神科学講座教授 兼本浩祐 先生
演者:久留米大学病院 精神神経科准教授 小曽根基裕 先生
『うつと睡眠障害』
共催:サイコソーシャルリハビリテーション研究会・エーザイ株式会社

伊藤心理士からは、所属する福智クリニックデイケア「ぶなの森」での高齢化する統合失調症患者の現状及び今後の取り組みについて発表がありました。60歳以上の高齢者の疾患別割合、デイケア利用状況など、資料を用いて提示し、将来に向けた支援のあり方として、訪問看護による身体的なケアが重要であること、生活介護や介護保険に引き継いでいくこと必要である旨説明がありました。また、アウトリーチの意義として、デイケアの限界を見据え、地域内で自立した生活を送るためにPSWや看護師が他機関と連携していくことで専門性を活かした包括的な支援を提供できるとの話があり、具体的に2つの実例を用いて支援の経過、課題の抽出、今後の方向性の位置づけが提示されました。最後に、今後の法人としての訪問看護ステーションを新設してアウトリーチについて新たな取り組みを進めていくことに言及し、結びとなりました。

小曽根先生からは、「うつと睡眠障害」と題して、睡眠学から見たうつと不眠についての話がありました。うつの人の8割が睡眠障害があり、寛解後も3~6割は残ること、学生時不眠の人がのちにうつになりやすいこと、また現在ではうつと不眠は独立していて、かつては抗うつ剤だけで治療していたのが今は睡眠薬を用いていること、短期睡眠行動療法は不眠に効果があることなど、図を用いて説明がなされました。また、就労者の不眠のリスク、睡眠負債の実態の他、睡眠と認知の関係、うつの人の睡眠内容変化、抗うつ剤とBZ系睡眠剤の効果の違い、うつに併存しやすい睡眠障害として睡眠時無呼吸症候群などについても資料に基づいて詳しい解説をしていただきました。特に就労者の話の中で、日本は睡眠時間が6時間未満と少なく、不眠が続くことでQOL、作業能力が落ち、糖尿やうつの発症リスクがあり、産業事故などの惧れが高まること、十分に寝ても睡眠不足解消に3週間かかるという睡眠負債についての話で、勤務間インターバルの重要性が説かれたことなど、自分たちの仕事のあり方を見つめる上でも貴重な示唆をいただけたと思います。

お二人とも穏やかな語り口の中にご自分たちの取り組みへの強い思いを感じさせてくれる素晴らしい講演でした。ありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »