医療法人福智会 すずかけクリニック

てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

2019年3月のてんかん症例検討会

2019年3月のてんかん症例検討会

3月28日(木)、愛知医科大学にて定例のてんかん症例検討会が開催されました。検討された症例は以下の通りです(プライバシーにかかわる内容は一部事実と異なる内容となっています)。

1.以前検討された症例で、新しく異常波が測定されたため再度検討することになりました。測定された異常波はてんかん発作に結びつかないもので、今後てんかん以外の基礎疾患の整理も必要ではないかと指摘されました。

2.他院からの症例呈示で、外科手術の検討がなされました。

3.症候性てんかんの症例で、外科的治療の検討がなされました。

4. 過去1度しか発作がなかったことや、発作時の状況などからてんかん発作の可能性は低いとの結論に至りました。

5.脳波所見と発作症状が合致せず、現在のところ全般てんかんと焦点性てんかんのどちらとの診断が難しいとの結論になりました。薬剤調整についても検討がなされました。

次回は4月17日(水)、すずかけクリニックにて開催予定です。

 

<English>

Monthly Epilepsy Case Study (March 28th)

1. Due to newly founded EEG abnormality, this case has been studied again. This was shown to be unrelated to epilepsy seizures, and the importance of understanding non-epileptic disorders was emphasized.

2. Case from different hospital. Necessity of surgery was considered.

3. Case of symptomatic epilepsy. Necessity of surgery was considered.

4. Considering the situation during the seizure, it was concluded that the possibility of epilepsy was low.

5. The EEG findings and the seizure symptoms did not match, so it was difficult to conclude whether this case was a generalized or focal epilepsy. Medication was also reconsidered.

The next case study will be on April 17th, at Suzukake clinic.

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »