医療法人福智会 すずかけクリニック

てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

03月

[Purple Day English + Pics] 2018年3月25日(日)パープルデーイベントin 名古屋!&3月26日のTV塔ライトアップ

—-> 2018年3月25日(日)パープルデーイベントin 名古屋!&3月26日のTV塔ライトアップ!写真87枚もあります!

—-> パープルデー名古屋の写真はこちらのURLにあります
パープルデージャパン(名古屋)ホームページ: http://purpleday-jp.net/?page_id=421

3月25日 (日) のパープルデーイベントin 名古屋は、協賛いただいた企業の方々、企画会社様を始め、当事者の皆様、家族の皆様、スタッフとすべての皆様の支援のおかげで、大成功に終わることができました!関係者の皆さん、本当にありがとうございました!ここまで毎日、がんばってくれたすべて方々に感謝いたします。

プロレスでてんかんへのスティグマ(偏見)と戦ってくれたパープルマン、夢と感動をありがとう!アイドルグループの皆さん、歌とダンスで盛り上げてくれて、ありがとうございました!
専門医の先生方や司会のタレント憲俊さん、レスラーの方々・アイドルの方々・当事者も交えたクイズや講座も、すばらしかったです!そして、クリエーターズマーケットでは、出品者の方々に紫色のグッズを山ほど作っていただき、会場を紫に彩ることができました。

そして3月26日のパープルデー当日は、名古屋のテレビ塔が紫にライトアップされました!とてもきれいで紫に輝くTV塔は、パープルデーのよい象徴となりました。
当日、名古屋テレビ塔の下に集まって下さった皆様のお陰でこちらもとても盛り上がりました。本当にありがとうございました!

さらに…
パープルデー名古屋のSNS!
ぜひご覧ください!
Instagram –> Purple Day Nagoya INSTAGRAM
Twitter –> Purple Day Nagoya TWITTER
Facebook –> Purple Day Nagoya FACEBOOK

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

** Purple Day Nagoya 2018 **

—-> 87 Pictures from Nagoya Purple Day are at this link here
Purple Day Japan (Nagoya) Homepage: http://purpleday-jp.net/?page_id=421

March 25 (Sun): The event was a big success with many people! And to top it off, the weather was perfect.

Cheers to Purple Man for fighting the stigma of epilepsy in the battle of heart-of-mind in the pro-wrestling ring under the Nagoya TV Tower.

And thanks to the various idol groups singing their wonderful songs and dancing, and the top-class epilepsy specialists for sharing information back and forth with the audience about epilepsy.

Giving extra meaning to the event, there were epilepsy combatants (persons with epilepsy), who came on stage to share information and answer questions for the audience. Adding spice, the nonprofit oriented Purple Creator’s Market with its awesome purple goods, was spectacular.

March 26 (Mon): Nagoya TV Tower turned the Nagoya sky into purple for the official Purple Day, celebreated world-wide. Wow! The city sky looked super amazing. Imagine the Eiffel Tower in Paris turning people for Purple Day… well you get the idea!

From the bottom of our hearts, thanks to everyone for making the day under Nagoya TV Tower such a grand success.

Instagram –> Purple Day Nagoya INSTAGRAM
Twitter –> Purple Day Nagoya TWITTER
Facebook –> Purple Day Nagoya FACEBOOK

4月のプログラム

4月のプログラムができました。

新年度ということで、いくつかのプログラムの曜日が変更になっています。

よく確認して、ぜひ参加してください。

 

以下をクリックすると、リンクが開きます。

4月のプログラム

パープルデーNagoya 2018

3月25日(日)、栄のテレビ塔下でパープルデーNagoyaのイベントを開催しました!

天候にも恵まれ、本当に多くの方に足を運んでいただきました。

ありがとうございます!

 

IMG_2295

 

IMG_2305

IMG_2272

IMG_2250

IMG_2303

IMG_2304

 

アイドルあり、パープルマンのプロレスありのステージで大変盛り上がりました。

また、「てんかん専門医によるてんかん講座」も企画し、イベントに楽しく参加していただきながら、

てんかんのことを知らない方にてんかんを知っていただいたり、てんかんに対する理解をより一層深めていただけるような機会になったことと思います。

 

「障害の有無にかかわらず、一人一人が自分らしい人生を歩んでいける社会」

を目指して、今後も活動を続けてまいります。

 

ご来場くださった皆様、またご協力いただいた皆様本当にありがとうございました。

 

 

 

*名古屋テレビ塔*【3月25日】パープルデー名古屋のスケジュールをぜひご覧ください!

名古屋テレビ塔!

3月25日: 名古屋テレビ塔の下、色々なパープルのデーイベント

3月26日: 名古屋テレビ塔のパープルイルミネーション

ちらしをクリックしてください!

さらに…
パープルデー名古屋のSNS!
ぜひご覧ください!
Instagram –> Purple Day Nagoya INSTAGRAM
Facebook –> Purple Day Nagoya FACEBOOK
Twitter –> Purple Day Nagoya TWITTER

パープルデー創設者Cassidy MeganからのメッセージMessage!

[English Below]

Cassidy Meganからパープルデー名古屋へのメッセージ!
*日本語の字幕付き

キャシディさんからパープルデー名古屋へ、パープルデー東京へ、パープルデージャパンへ、とパープルデーアジアの皆様へのメッセージ!!!
心の底から、ありがとうキャシディさん!

Video message from Cassidy Megan, the founder of Purple Day worldwide to all of us here – Purple Day Nagoya & Purple Day Tokyo, and everyone else involved in the grassroots campaign throughout Japan and Asia!
From the bottom of our hearts, a massive thanks!

[Eng Below] 南イリノイ医科大学4年生のステファニーさん、福智会を1日見学

南イリノイ医科大学4年生のステファニーさん、福智会を1日見学

南イリノイ医科大学4年生のステファニーさんが愛知医科大学病院との交換留学制度を使って、日本を訪れた際に、愛知医科大学の田所先生と共に、福智会を見学されました。ほとんどの時間はすずかけクリニックで過ごしましたが、さらに理解を深めるため、福智会のいくつかの施設をスタッフの案内で見学してまわりました。ステファニーさんは、ちょうどパープルデーの準備をしている活気のある時期に見学され、デイケアで、てんかんだけでなく、他の疾患を持つ当事者たちに会い、そこで当事者の方たちの体験談を聞き、充実した時間を過ごされました。

ステファニーさんは、日本のデイケアとアメリカのヘルスケアとの違いや類似点などを知り、日本の医療にとても関心を持っていました。また、すずかけクリニックで行われている包括的な支援とデイケアスタッフと当事者の関わりを見て、感銘を受けたと言ってくれました。ステファニーさんは新しいことを学ぶことが好きな勉強熱心な方で、婦人科医になることを志していますが、精神医学にも興味を持っており、この日本での体験から学んだことを今後に活かしていきたいそうです。

Recently we benefitted from the grace and intelligence of 4th year medical student Stephanie. She participated in a monthly student partnership between her university, Southern Illinois University of Medicine and the nationally renowned Aichi Medical University Hospital. She came at a good time, as we had begun concrete preparation for Purple Day Nagoya, and she likely experienced the excitement flowing in the air. She met several daycare patients not only with epilepsy but other patients as well. She could see the challenges and successes they go through.

To grasp an even better understand of daycare vis-a-vis patient engagement, Stephanie took part in a guided day tour of several sections of Fukuchi-Kai. The majority of her visit was spent at Suzukake Clinic, where the focus is on providing client centered psychiatric, medical support, and rehabilitation services – for personal, social and/or working relationships. Tadokoro-sensei, a respected doctor from Aichi Medical, joined Stephanie on the guided tour as well. Tadokoro-sensei works in close proximity to Dr. Kanemoto, the Director of Neuropsychiatry at Aichi Medical.

Through Stephanie’s genuine interest in Japan, its daycare community, and similarities/differences with American healthcare, she showed enthusiasm in learning new things, as well as reaffirming things already known. Stephanie was a true wonder to have here! While asking questions and discussing issues, she expressed a deep interest in healthcare’s frontiers, affordation, benefits, technology, societal impact, medical goals/challenges, and follow-up system.

Stephanie saw Japan to be different in the following aspects — Resources in Japan are more community oriented, and more geared towards assisting patients (meals, many group programs, daily exercise etc.). She was impressed by the high level of engagement by members (patients) and staff inside Suzukake Clinic’s daycare community. Within this context, Stephanie was impressed by the organic policy of public health in Japan. There is more of an inclusive aspect to the system in Japan compared to the US, with a focus in Japan on a “bio-social-psycho” model. In addition, Stephanie was impressed by a strong focus on the follow-up (“next-steps”) system in Japan.
Though Stephanie has just recently chosen to become a gynecologist, her interest in psychiatry remains strong. She is very interested in psychiatry’s strong bond with public health. Finally, she will use everything learned from her study, rotations, and overall experiences in the US and Japan to become a better gynecologist.

Stephanic Pic

イマーゴサロン手話の会:今村綾子監督「11歳の君へ~いろんなカタチの好き~」

[ENGLISH BELOW+PICTURES・写真は以下]
3月16日(金)、イマーゴでは映画監督として名高い今村綾子さんをお招きし、ご講演いただくというスペシャルイベントが行われました。

2017年に、彼女の27作目のドキュメンタリー映画「11歳の君へ~いろんなカタチの好き~」が公開されました。この映画は“LGBTでもあり聴覚障害者でもある方”たちにフォーカスしており、彼らの学校、家庭、職場における問題を扱っています。また映画のタイトルには、小学生にも映画の内容を理解してもらいたいという今村さんの思いが込められています。私たちは、ふだん聴覚障害やLGBTに関する話題を聞くことはあっても、両方の問題を同時に抱えた人々に関する情報を耳にすることはほとんどありません。そのため、3月16日の今村さんの講演では、昨年公開された映画で取り上げた“LGBTでもあり聴覚障害者でもある方”についてお話していただきました。

講演当日、Imagoには多くの方にお集まりいただき、満席となりました。観客の方々と今村さんとのコミュニケーションはすべて手話を通して行われました。観客の皆様は、限られた時間の中で、聴覚障害者コミュニティの存在の重要性を改めて認識され、大変喜んでいたようです。

今村さんの映画では、聴覚障害者の視点、また日本の聴覚障害者コミュニティの視点から、人生における挑戦と、その喜びが表現されています。また、本当に求められているコミュニケーションや、解決法が得られた時の満足感など、様々な感情を表現しようとしています。海外留学経験もある今村さんは、現在日本の聴覚障害者コミュニティの代表として、世界に向けて情報を発信し続けており、彼女の映画は世界的にも評価されています。

3月と4月は、Imagoの2階のサロンで「手話の会」が開催されています。この手話の会は聴覚障害者の方と手話に興味を持つ方で構成されており、参加費は無料です。3月1日には第1回目の手話の会が開かれ、50名を超える方に参加していただき大盛況でした。さらに、今村綾子さんをお招きした3月16日の一大イベントにより、今後も手話の会は盛り上がっていくことを期待しています。

イマーゴサロンに関するお問合せは、メンタルヘルスサポートセンター(052-741-8900)までご連絡ください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

On March 16, Imago was very fortunate to be graced by the beautiful presence of reknowened documentary director Ayako Imamura.

2017 saw the release of “To 11 Year Old You – Various Kinds of Love”, her 27th documentary so far. The movie’s title expresses what even elementary school children can understand well. The documentary puts a light on the issue of deaf persons who are also LGBT – through the context of school life, family life and workplace life.

One is sometimes aware of deaf issues, and more often LGBT issues, but it is very rare to hear a discussion of both. On March 16th, the director’s presentation focused on several parts of “To 11 Year Old You – Various Kinds of Love”. Communication between the audience and the director was all in sign language. The audience was clearly excited to have in their presence such an important part of the deaf community, as shown by their facial expressions, and the questions asked at the end – though time was limited. Adding to the excitement, Imago was fully packed, without any empty seats left.

Ayako Imamura’s documenataries express life’s challenges and excitements from the context of a deaf person, as well as from the context of the greater Japanese deaf community. Furthermore, her documentaries express feelings such as the satisfaction that comes when true sought-after communication and resolutions are achieved. Living and studying abroad, then returning to Japan, led Ayako Imamura to become an important representative of the Japanese deaf community to the greater world. Her films have been well received internationally as well.

Continuing for the rest of March and on into April, Imago’s 2nd floor salon hosts a free “Sign-Language Gathering” – a marvelous get-together for people interested in sign language, as well as cultural aspects associated with the deaf community. The first “Sign-Language Gathering” on March 1st, was a tremeendous success. Since then, each week has followed in the first one’s success, as March 16th’s amazing event clearly showed.

Regarding inquiries into Imago Salon, please contact the Mental Health Support Center at 052-741-8900.

 

てんかん啓発研修会in会津若松で講演しました

3月20日(火)、会津若松で開催されたてんかん啓発研修会にお招きいただき、

「てんかんをもつ人の就労 -きょうから始める社会参加支援-」という内容で講演させていただきました。

 

はじめに、竹田綜合病院精神科 上島先生にてんかんの基礎知識、症状と対応についてお話しいただき、次に、当院院長の方から福智会の取り組みを紹介しつつ、てんかんの方を就労支援していく上で重要な視点をお話しました。

また当事者の方が社会参加していくことの重要性をお伝えし、パープルデーNagoyaの活動もご紹介させていただきました。

 

IMG_2235

竹田綜合病院精神科 上島雅彦先生

IMG_2233

当日、会場となる竹田綜合病院内のホールには60名を超える先生方にお集まりいただき、大変盛況でした。

懇親会でも多くの先生方と交流させていただき、多くの先生方がてんかんの方の社会参加支援に熱意をもって取り組んでいらっしゃることがわかり、大変有意義な研修会となりました。

ご来場くださった先生方、ありがとうございました。

 

IMG_2231

竹田綜合病院副院長 星野先生、上島先生と

また、講演の前日には郡山市内を観光しました。

福島はこのようにまだまだ雪が残っていましたが、昭和の面影残る風景もあり、楽しめました。

IMG_2238

IMG_2239

IMG_2240