てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

  1. トップ
  2. ニュース
  3. 私のリカバリーストーリー

私のリカバリーストーリー①

Aさん 20代前半 男性 統合失調症

発病 ⇒ 入院 ⇒ デイケア ⇒ 入院 ⇒ デイケア ⇒ 就労移行支援 ⇒ 就労継続B型作業所

高校時代に自己違和感あり、精神科にはじめてかかる。
大学では、海外に短期留学するなど、好きな英語を学ぶことができたが、キャンパス内や電車ですれ違う学生から「悪口を言われているような気がする」、「独りぼっちな気がする」と、電車での通学が徐々に困難となり、大学を休学。

精神科への入院も経験する。
入院しても、「自分は病気じゃないと思う」「薬を飲む必要性がわからない」と、訴えることがあったが、心理教育などを受け、服薬を受け入れるようになっていった。

2年前よりデイケアすずかけの郷へ通所を始める。

地下鉄には乗れないため、家族の送迎により週4~5日通所し始める。
はじめは、自由な時間、特に昼休みの過ごし方がわからなかったが、デイケアでみんなが飲むお茶を作ったり、積極的にプログラムに出てみた。
そうすると、次第に顔なじみのメンバーができ、他の人の話を聞いたり、プログラムの中でみんなの役に立つことも増えてきた。

ソフトボールやフットサルのプログラムでは、グラウンドまでスタッフやメンバーと地下鉄に乗って移動した。
はじめは緊張したが、仲間と一緒だったからか、大丈夫な日も増えていった。音楽を聴いて、変な声をやり過ごす術も身に付けた。

デイケアに入ったころは「大学に戻りたい」と頑なに思っていたが、働き始める仲間に刺激されたり、スタッフとの面談を重ねて、今は「働いてみたい」という目標に変わった。
今でも、予定を入れすぎると考えがまとまらなくなったり、匂いが気になるなどの症状もあるが、入院せずに活動を継続できている。
地下鉄に乗って、一人で通所できる日も増えてきた。

そしてついに、今年2月から、B型作業所 cafe gallery寸心で、人生初めての就労を果たす。
今は、洗い物や飲食後の片付け作業が中心ですが、いずれは店頭に出て接客にも挑戦するつもりです。

「これからも1日1日がんばります」