医療法人福智会 すずかけクリニック

てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

おしらせ

福智寿彦著「てんかんでも大丈夫」の紹介

当院の院長・福智寿彦の著作「てんかんでも大丈夫」が、全国の書店で販売中です。
Amazon の通信販売でも購入が可能です。
ぜひお手に取ってお読みください!

《内容紹介》
てんかんでも、自分らしい人生は手に入る!
20年以上、患者の自立を支えてきた「てんかん専門医」が教える
正しい薬の知識、発作のコントロール、生活上の注意点とは―—

てんかんは、脳の過剰な興奮が引き起こす発作をくり返す病気である。
約100人に1人が発症するといわれ、日本には約100万人ものてんかん患者がいると推定されている。
そんな身近な病気にもかかわらず、てんかん患者の実情はあまり知られていない。
実はてんかん患者の中には、就労や結婚、出産などをあきらめ、引きこもってしまっている人が大勢いる。
理由としては、いつ起こるかわからない発作を恐れ、自ら引きこもってしまうこと以外にも、患者の家族が過保護になってしまい、患者を外に出さないようにしてしまうことがあげられる。
加えて、発作を抑えるための投薬治療や外科手術がきっかけとなり、うつや幻覚といった精神症状が引き起こされ普通の社会生活を送ることが困難になってしまうという要因もある。

著者は、精神科医として、発作のコントロールだけでなく、患者の就労や結婚などのQOL(生活の質)の改善に20年以上携わってきたてんかんの専門医。
著者はてんかん患者が社会に参加できていない事態を問題視しており、てんかんの発作を止めることを目的とした治療に疑問を抱いている。

本書では、てんかん患者たちの実情を明らかにしつつ、てんかんの発作を抱えていても就職・結婚・出産など自分らしい生活を送るための正しい方法と、社会参加への道筋を紹介する。

 

<Eng ver>

Dr Fukuchi’s new book has been released! Now available in Amazon and local bookstores.

 

INTRODUCTION

Even if you have epilepsy, you can lead your own life! Epilepsy specialist Dr Fukuchi, who has supported patient independence for more than 20 years, lectures correct medical knowledge, seizure control, and precautions.

 

Epilepsy is a disease that repeats seizures caused by excessive brain neuron excitement. About 1 in 100 people are said to develop epilepsy in their lives, and it is estimated that there are about a million patients in Japan. However, despite the fact that it is a common disease, the reality of epilepsy and the patient’s lives are not well known.

There are many epilepsy patients who have been withdrawn and have given up working, getting married, and giving birth. Reasons range from fear of seizures which the patients cannot know when they occur, to the parents’ overprotection, not letting the patients out of their homes. Moreover, medication and surgery to reduce seizures become the triggers in causing mental symptoms such as depression and hallucinations, making it difficult to achieve a normal social life.

As a psychiatrist and epilepsy specialist, the author has been involved not only in seizure control but also in improving the quality of life (QOL) of patients, such as working and marriage. He views the problem of epilepsy patients not being able to participate in society, and questions treatment aimed at stopping epileptic seizures.

In this book, he brings the actual situation of patients to light, and introduces the true way to lead one’s social life, whether he or she has seizures or not.

 

職員採用について

すずかけクリニックでは現在、

・臨床心理士
・看護師
・臨床検査技師

の募集を行っております。

詳細はについては、お問い合わせください。

新任非常勤Dr.のご紹介

H31年4月より、月曜日午前に非常勤Dr.の診察枠が増えました。

医師
渡辺 久雄(わたなべ ひさお)【診療担当曜日:月AM】
医学博士・精神科専門医・精神保健指定医・日本精神神経学会指導医
愛知教育大学 名誉教授・東海学園大学 名誉教授・日本実存療法学会顧問
ニューヨーク・サイエンス・アカデミー会員
昭和42年 名古屋大学医学部大学院修了
著書:「ストレス社会の幸福論」

長年愛知県の精神医療の発展に貢献されてきたDr.です。主にうつや引きこもりなど神経症の方の治療を得意としております。診察を希望される方はお電話にてご予約ください。
すずかけクリニック外来受付: 052-731-8300