医療法人福智会 すずかけクリニック

てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

[Eng/Ch Below] 波の会愛知県支部の機関雑誌にあいさつ文を掲載させて頂きました

[Eng/Ch Below] 波の会愛知県支部の機関雑誌にあいさつ文を掲載させて頂きました

波の会(日本てんかん協会)愛知県支部の機関雑誌「おおなみ」5月号に、新年度を迎えあいさつ文を掲載させて頂きました

新年度を迎え、ここで心機一転、新たに目標を立てられている方もいらっしゃると思います。

私が深く関わっているてんかん啓発キャンペーン「パープルデー」も日本で広げ始めて今年で四年目になります。今年は3月25日に名古屋テレビ塔で無事パープルデーを開催し、イメージキャラクターの「パープルマン」も活躍し、現場は大いに盛り上がりました。また仙台や東京、大阪、広島、鳥取など全国各地で様々なイベントが行われ、年々と記念活動の規模が大きくなっています

一方で、啓発活動に参加し強く意識するようになったのが「内側にある偏見(スティグマ)」です。記念活動を含めこれまで「外側にある偏見」、つまり人々のてんかん患者への偏見をなくすことを念頭に頑張ってまいりました。ですが、当事者、家族、医療者自身による偏見、「てんかん発作があるため仕事を諦める、自分はてんかん患者だから社会生活は無理」など、「内側にある偏見」の壁を乗り越えることも大事です。当事者自身の偏見をなくさず真の社会復帰は実現しません。当事者たちの心に潜む自身への偏見を乗り越えていけるよう働きかけを推し進めていくことが新年度の目標です。

皆さんも自分にできることを考えみてください。皆さんの投げかけた一言、踏み出した一歩が世の中を大きく変えることにつながるはずです。

2018-05-08+101023

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

The greeting letter has been placed in the magazine “Oonami” 

The Aichi Branch of Nami no Kai(Japan Epilepsy Association)published its institutional magazine “Oonami”(No.5, 2008) and my greeting letter has been placed in it.

In the new year, I believe that people have their own new purposes.

As for me, this year is the fourth year since we started the campaign “Purple Day”. On 25th, March, we held the “Purple Day” anniversary festival in Nagoya successfully. Thanks to the wonderful performance of image character “Purple Man” and local idol group, the festival was heated up and participants enjoyed the events greatly. Besides Nagoya, “Purple Day” has been celebrated in other main cities such as Tokyo and Osaka and its scale is definitely becoming increasingly large year by year.

Meanwhile, what I am considering about the epilepsy remedy through these campaigns is that we should also help patients dispel internal stigma. Including “Purple Day” campaigns, we have been striving to dispel people’s prejudice against epilepsy patients known as external prejudice. However, it is also extremely important for patients themselves to be confident with lives. Negative thinking such as “I have to quit my job because of my epilepsy seizure” and “I could hardly enjoy social life since I am an epilepsy patient”, is also the impediment of their complete social recovery. So the new purpose for me this year is that we should also focus on internal stigma and help patients dispel their prejudice against themselves.

I sincerely hope that everyone could consider about what we can do for epilepsy remedy. Any idea or comment is welcomed, and your one proposal and one step mean a lot for changing the world.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

新年祝词被刊登在日本癫痫协会的爱知县支部机关杂志上了

波之会(日本癫痫协会)的爱知县机关杂志“Oonami”的五月刊上刊登了我的新年祝词。

新的一年,相信大家都有自己的新目标新挑战。对我而言,今年是在日本开展紫日活动的第四年。在3月25日,我们成功在名古屋塔底下开办了紫日纪念活动。并邀请了紫日的形象大使紫人和名古屋当地的偶像给现场观众带来了精彩的表演,获得了大家的广泛关注和支持。除了名古屋,在日本其他各大主要城市,我们也开展了各类紫日纪念活动,规模在逐年增大。

包括紫日纪念活动在内,我们以往关注的是如何消除人们对癫痫病患者的偏见,也就是来自外部的偏见。然而随着对癫痫病治疗的深入,我们发现消除患者内部的偏见也是极其重要的。患者自身的消极想法诸如“我必须放弃工作因为我有癫痫发作”以及“我无法参与社会活动因为我是癫痫患者”,是阻碍他们回归社会的一大屏障。我今年的新目标,就是要帮助癫痫病患者消除此类自身内部的偏见,根除患者对自己的消极认识,来使他们能自信积极地回归社会。

我真诚希望大家能够想一想应当如何为癫痫治疗出力出策。每一位提出的一个建议迈出的一个脚步都是改变社会的一大力量。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

«