医療法人福智会 すずかけクリニック

てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

未分類

[Eng/Ch Below] 静岡てんかん神経医療センター臨床検査科渡邉宏美様からのメッセージ

静岡てんかん神経医療センター臨床検査科渡邉宏美様から、パープルデーのイベントに関する記述が静岡てんかん神経医療センターの情報誌「あかり」(平成30年第54号)に掲載されました。

3月26日はパープルデーです。静岡てんかん医療センターも今年の24日、25日の週末、静岡市役所前の青葉通りで記念イベント行いました。

2日間、天気に恵まれて多くの方々に足を運んでいただきました。イベントの一環としての「てんかんクイズ」を通じて、皆さんにてんかんへの理解を深めて頂くことが出来ました。また、静岡てんかん神経医療センターの患者さん達にもイベントのお手伝いをして頂き、良い交流になりました。

このようなイベントを契機に、皆さんにはよりてんかんに関心を持っていただき、一人でも多くの方がてんかんの早期発見及び治療に協力して頂ければ良いと思っています。

2018-05-16+1506572018-05-16+150836 (1)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

The message about Purple Day has been placed in the magazine of Shizuoka Institute of Epilepsy and Neurological Disorder “Akari” from Ms. Hiromi Watanabe in Department of Clinical Laboratory.

26th of May is Purple Day. Shizuoka Institute of Epilepsy and Neurological Disorder also run some events concerned with epilepsy the Aoba Road in front of Shizuoka City Hall on 24th and 25th May.

During two days, the weather was perfect for outdoor activities and many visitors came for our Purple Day events. Visitors deepened their understanding about Epilepsy through attending “Epilepsy Quiz”, and we also heard the voice from patients in the institute who helped run the events.

We truly hope that more people would be concerned about epilepsy through the Purple Day events and make their contributions to early detection and remedy of epilepsy.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

来自静冈癫痫神经医疗中心临床检查科的渡边宏美女士的一篇记事被刊登在了静冈癫痫神经医疗中心的杂志“Akari”上。

3月26日是紫日。因此在24日和25日的周末,静冈癫痫神经医疗中心在静冈市政府办公厅前的青叶通道举办了紫日活动。

这两天天气晴朗适合室外活动,我们的展台也来许多的来访者,引起了许多路人的关注。我们举办了癫痫提问环节,让大家对癫痫这类疾病有了跟多更深的认识。两天里,医疗中心的病人也积极给与了帮助,与医生有了更多的交流。

通过举办紫日活动,我们真诚希望更多的人能够关注癫痫,为癫痫的早期发现与及时就诊给与更多的帮助。

[Eng/Ch Below] 新しい施設外就労先としてカカシカフェが愛知県図書館内にオープンしました!

CYMERA_20180508_132503 CYMERA_20180508_1326175月9日に新しい施設外就労先としてカカシカフェが愛知県図書館内にオープンしました。

接客をはじめとする仕事の訓練を行います。香り高いオーガニックコーヒー・紅茶が1杯200円!その他、ハンドメイドの焼き菓子を販売しています。オープン記念としてドリンクを注文の方先着400名の方にパウンドケーキ1個プレゼント!!
初日は60名を越えるお客様にご来店いただきカカシ達(ここで働く利用者さんの愛称)も一生懸命頑張りました!
緑豊かな木々に囲まれた閑静な環境の中でゆったりと心を落ち着けるティータイムやお友達との楽しい会話はいかがでしょうか?
皆様のご来店をお待ちしています。

On 9th May, Kakashi Café was opened in the Aichi Prefectural Library as a new office work destination.

The café indeed serves as a venue for training the hospitality. A high quality fragrant organic coffee and the tea is only 200 yen per cup! What is more, the café is offering a handmade baked confectionery. In the opening ceremony, the café offered 1 piece of pound cake free for around 400 first comers who ordered ceremonial drinks! !

On the first day, more than 60 customers came to visit Kakashi, the name of the café that is derived from pet name of the employee, who also worked very hard in the opening day!
How about a tea time to relax and calm yourself in a quiet environment surrounded by lush trees and take a delight from an enjoyable conversation with your friends?

We look forward for your visit!

CYMERA_20180508_132951 CYMERA_20180508_133115

                                                                                                                                             5月9日作为诊所外患者就职场所的稻草人咖啡厅在爱知县图书馆开张迎客了

稻草人咖啡厅是福智会为患者提供劳动机会进行就业技能培训的又一新场所。店内装修风格优雅,浓香咖啡和精品红茶仅需200日币就可品尝,另外为纪念新店开张,我们将会免费为先来店的400名顾客各提供一份薄煎饼。

9号是开张的第一天,稻草人们(对咖啡厅工作人员的爱称)接待了60多位顾客,大家脸上洋溢着欢笑,认认真真地完成了服务员的工作。

咖啡厅木质装修风格一定能给您带来悠闲雅致的美好空间,何不带上朋友一起来享用我们美味的饮品和糕点?

稻草人咖啡厅敬候您的光临。

[Eng/Ch Below] 当事者さんのお母様からのメッセージ

2018年、パープルデーが日本に広げてもう四年目になります。記念イベントも規模が段々大きくなり、毎年多くの方々が参加しています。

当事者さんの御家族である横関弘子さんからのメッセージが、波の会(日本てんかん協会)の機関雑誌「なみ」(2018年5月号)に掲載されています。

横関さんは今年の名古屋のパープルデーイベントのお手伝いとして参加してくださり、スタッフと一緒にイベントを盛り上げて頂きました。

御本人からのメッセージとして、名古屋のみならず、より多くの地域でパープルデーイベントに参加していきたいとのことです。パープルデーを啓発活動の一環として、てんかんの正しい知識を一般の方々に伝え、世間のてんかん患者に対するスティグマをなくしたいと考えていらっしゃいます。また、現在パープルデーは専門医及び専門家スタッフ中心で運営を進めていますが、当事者や家族がこれから中心スタッフとして成長していくことも大事とおっしゃっています。

今後も、パープルデーイベントがより多くの当事者及びご家族の皆さんに参加して頂き、てんかんの社会的注目を集め、人々の関心を一層高めていけるよう努めて参ります。

2018-05-10+110644

2018-05-10+110710

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2018 is the forth year since Purple Day has been officially celebrated in Japan. The concerned events have become increasingly influential and currently attract a large number of people to participate.

Ms. Yokoseki Hiroko, a mother of our patient, has sent her message about her experience of participating in Purple Day. And the message has been placed in the official magazine of Nami no Kai (Japan Epilepsy Association).

Ms. Yokoseki has attended the events of Purple Day in Nagoya this year as a helper. As her message states, she enjoyed the events and hopes that she could attend more Purple Day events in more cities. She attempts to propagate more knowledge about epilepsy to the public and dispel people’s prejudice against epilepsy patients thorough Purple Day.

We would like to work with patients and their families to raise further consciousness from society. And we hope that patients and their families will continue positively participating into events and become centre stuffs in Steering Committee of Purple Day in the future.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2018年是紫日在日本展开官方纪念活动的第四年。随着互动规模的增大,参加活动的人数野越来越多。并且,其中一位参加成员的母亲,横关广子女士的感想文被刊登在日本癫痫协会的机关杂志上了。

横关女士是我院一名患者的母亲,她不仅积极参与了今年在名古屋举办的紫日活动,还在活动举办之前帮助运营委员会推进准备工作。

横关女士说她对能够参与名古屋紫日活动感到非常开心,并希望今后能在日本其他城市继续参与紫日的相关活动。她说期盼紫日活动作为癫痫启发活动的一部分,能够将正确的有关癫痫的知识传授给大众并消除大家对癫痫病患者的偏见。并且期待更多的患者及其家属能够在紫日活动中扮演更加核心重要的角色,将目前医生与相关工作人员主导开展的运营模式转变为由患者及其家属为主要运营成员的模式。

我们衷心希望今后能有更多的患者与其家属能够参与紫日活动,与大家一起推动紫日的发展,进一步提高社会对癫痫的关注并消除人们对癫痫的错误认识与偏见成见。

 

 

*名古屋テレビ塔*【3月25日】パープルデー名古屋のスケジュールをぜひご覧ください!

名古屋テレビ塔!

3月25日: 名古屋テレビ塔の下、色々なパープルのデーイベント

3月26日: 名古屋テレビ塔のパープルイルミネーション

ちらしをクリックしてください!

さらに…
パープルデー名古屋のSNS!
ぜひご覧ください!
Instagram –> Purple Day Nagoya INSTAGRAM
Facebook –> Purple Day Nagoya FACEBOOK
Twitter –> Purple Day Nagoya TWITTER

[Eng Below] 南イリノイ医科大学4年生のステファニーさん、福智会を1日見学

南イリノイ医科大学4年生のステファニーさん、福智会を1日見学

南イリノイ医科大学4年生のステファニーさんが愛知医科大学病院との交換留学制度を使って、日本を訪れた際に、愛知医科大学の田所先生と共に、福智会を見学されました。ほとんどの時間はすずかけクリニックで過ごしましたが、さらに理解を深めるため、福智会のいくつかの施設をスタッフの案内で見学してまわりました。ステファニーさんは、ちょうどパープルデーの準備をしている活気のある時期に見学され、デイケアで、てんかんだけでなく、他の疾患を持つ当事者たちに会い、そこで当事者の方たちの体験談を聞き、充実した時間を過ごされました。

ステファニーさんは、日本のデイケアとアメリカのヘルスケアとの違いや類似点などを知り、日本の医療にとても関心を持っていました。また、すずかけクリニックで行われている包括的な支援とデイケアスタッフと当事者の関わりを見て、感銘を受けたと言ってくれました。ステファニーさんは新しいことを学ぶことが好きな勉強熱心な方で、婦人科医になることを志していますが、精神医学にも興味を持っており、この日本での体験から学んだことを今後に活かしていきたいそうです。

Recently we benefitted from the grace and intelligence of 4th year medical student Stephanie. She participated in a monthly student partnership between her university, Southern Illinois University of Medicine and the nationally renowned Aichi Medical University Hospital. She came at a good time, as we had begun concrete preparation for Purple Day Nagoya, and she likely experienced the excitement flowing in the air. She met several daycare patients not only with epilepsy but other patients as well. She could see the challenges and successes they go through.

To grasp an even better understand of daycare vis-a-vis patient engagement, Stephanie took part in a guided day tour of several sections of Fukuchi-Kai. The majority of her visit was spent at Suzukake Clinic, where the focus is on providing client centered psychiatric, medical support, and rehabilitation services – for personal, social and/or working relationships. Tadokoro-sensei, a respected doctor from Aichi Medical, joined Stephanie on the guided tour as well. Tadokoro-sensei works in close proximity to Dr. Kanemoto, the Director of Neuropsychiatry at Aichi Medical.

Through Stephanie’s genuine interest in Japan, its daycare community, and similarities/differences with American healthcare, she showed enthusiasm in learning new things, as well as reaffirming things already known. Stephanie was a true wonder to have here! While asking questions and discussing issues, she expressed a deep interest in healthcare’s frontiers, affordation, benefits, technology, societal impact, medical goals/challenges, and follow-up system.

Stephanie saw Japan to be different in the following aspects — Resources in Japan are more community oriented, and more geared towards assisting patients (meals, many group programs, daily exercise etc.). She was impressed by the high level of engagement by members (patients) and staff inside Suzukake Clinic’s daycare community. Within this context, Stephanie was impressed by the organic policy of public health in Japan. There is more of an inclusive aspect to the system in Japan compared to the US, with a focus in Japan on a “bio-social-psycho” model. In addition, Stephanie was impressed by a strong focus on the follow-up (“next-steps”) system in Japan.
Though Stephanie has just recently chosen to become a gynecologist, her interest in psychiatry remains strong. She is very interested in psychiatry’s strong bond with public health. Finally, she will use everything learned from her study, rotations, and overall experiences in the US and Japan to become a better gynecologist.

Stephanic Pic

イマーゴサロン手話の会:今村綾子監督「11歳の君へ~いろんなカタチの好き~」

[ENGLISH BELOW+PICTURES・写真は以下]
3月16日(金)、イマーゴでは映画監督として名高い今村綾子さんをお招きし、ご講演いただくというスペシャルイベントが行われました。

2017年に、彼女の27作目のドキュメンタリー映画「11歳の君へ~いろんなカタチの好き~」が公開されました。この映画は“LGBTでもあり聴覚障害者でもある方”たちにフォーカスしており、彼らの学校、家庭、職場における問題を扱っています。また映画のタイトルには、小学生にも映画の内容を理解してもらいたいという今村さんの思いが込められています。私たちは、ふだん聴覚障害やLGBTに関する話題を聞くことはあっても、両方の問題を同時に抱えた人々に関する情報を耳にすることはほとんどありません。そのため、3月16日の今村さんの講演では、昨年公開された映画で取り上げた“LGBTでもあり聴覚障害者でもある方”についてお話していただきました。

講演当日、Imagoには多くの方にお集まりいただき、満席となりました。観客の方々と今村さんとのコミュニケーションはすべて手話を通して行われました。観客の皆様は、限られた時間の中で、聴覚障害者コミュニティの存在の重要性を改めて認識され、大変喜んでいたようです。

今村さんの映画では、聴覚障害者の視点、また日本の聴覚障害者コミュニティの視点から、人生における挑戦と、その喜びが表現されています。また、本当に求められているコミュニケーションや、解決法が得られた時の満足感など、様々な感情を表現しようとしています。海外留学経験もある今村さんは、現在日本の聴覚障害者コミュニティの代表として、世界に向けて情報を発信し続けており、彼女の映画は世界的にも評価されています。

3月と4月は、Imagoの2階のサロンで「手話の会」が開催されています。この手話の会は聴覚障害者の方と手話に興味を持つ方で構成されており、参加費は無料です。3月1日には第1回目の手話の会が開かれ、50名を超える方に参加していただき大盛況でした。さらに、今村綾子さんをお招きした3月16日の一大イベントにより、今後も手話の会は盛り上がっていくことを期待しています。

イマーゴサロンに関するお問合せは、メンタルヘルスサポートセンター(052-741-8900)までご連絡ください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

On March 16, Imago was very fortunate to be graced by the beautiful presence of reknowened documentary director Ayako Imamura.

2017 saw the release of “To 11 Year Old You – Various Kinds of Love”, her 27th documentary so far. The movie’s title expresses what even elementary school children can understand well. The documentary puts a light on the issue of deaf persons who are also LGBT – through the context of school life, family life and workplace life.

One is sometimes aware of deaf issues, and more often LGBT issues, but it is very rare to hear a discussion of both. On March 16th, the director’s presentation focused on several parts of “To 11 Year Old You – Various Kinds of Love”. Communication between the audience and the director was all in sign language. The audience was clearly excited to have in their presence such an important part of the deaf community, as shown by their facial expressions, and the questions asked at the end – though time was limited. Adding to the excitement, Imago was fully packed, without any empty seats left.

Ayako Imamura’s documenataries express life’s challenges and excitements from the context of a deaf person, as well as from the context of the greater Japanese deaf community. Furthermore, her documentaries express feelings such as the satisfaction that comes when true sought-after communication and resolutions are achieved. Living and studying abroad, then returning to Japan, led Ayako Imamura to become an important representative of the Japanese deaf community to the greater world. Her films have been well received internationally as well.

Continuing for the rest of March and on into April, Imago’s 2nd floor salon hosts a free “Sign-Language Gathering” – a marvelous get-together for people interested in sign language, as well as cultural aspects associated with the deaf community. The first “Sign-Language Gathering” on March 1st, was a tremeendous success. Since then, each week has followed in the first one’s success, as March 16th’s amazing event clearly showed.

Regarding inquiries into Imago Salon, please contact the Mental Health Support Center at 052-741-8900.

 

新しいパープルデーグッズが揃いました!

アメリカてんかん学会に持っていく、新しいパープルデーグッズが揃いました!

バルセロナのてんかん国際学会に引き続き、アメリカで、世界中の人たちへパープルデーを広げる活動と交流を行なってきます。

1511954685801

1511954668585

 

ヨットプログラム/Yacht Program

6月27日(火)に、ヨットプログラムが行われました。

福智院長のヨットに乗って、いよいよ海に出発です。

170628ヨット

この日は心配していた雨も降らず、穏やかな風が吹いていました。

ヨットの上で、昼食とフルーツを食べました。

ヨット170628食事

みんなでヨットの傾きに合わせて、座る位置を左右に移動したり、
全員がしっかりと船員の役目を果たしていました。

参加したデイケアのメンバーさんは、「楽しかった」「また行きたい!」と話されていました。
みなさんおつかれさまでした!

参加したい方はぜひスタッフまで!

ヨット旗HP用

 

On Tuesday June 27th, We Held a Yacht Event [June 30, 2017]

On the Healthcare Corporation Fukuchi-kai director’s yacht, off to sea we go.

The chance of rain was of concern, but never came to be, just a calm wind blowing. We enjoyed lunch and fruit on top of the yacht.

Moving from where we sat, right to left and vice versa, we shifted the yacht’s positions like true sailors!

Day Care member particpants had a wonderful time, stating “Had a great time!”, “Want to do it again!”

We all enjoyed our time together!

If you would like to join anew or go again, please let our staff know!

 

7月の家族会について/About July’s Family Conference

今月の家族会にお越し下さった皆様、お疲れ様でした。

次回7月14日(金)の家族会は

テーマ:  「福智会御器所エリア見学会」

場所:   福智クリニック2F集合 (地下鉄御器所駅 6番出口)

時間:   18:00~

となります。

お間違えのないようお願い致します。

お越しくださったことがない方も、ぜひ参加して下さい。

 

About July’s Family Conference [June 13, 2017]

To all those who joined June’s family conference, a big thanks for all your efforts.

The next Family Association of July 14 (Fri) goes as follows:

Theme: “Tour of Healthcare Corporation Fukuchi-kai Gokiso building area”
Place: Gather on the 2nd floor of the Fukuchi Clinic (Gokiso Subway Station Exit 6)
Time: 18: 00 ~

Please make sure to follow above information.

For those who wish to join, see you there!