医療法人福智会 すずかけクリニック

てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

てんかん症例検討会

2019年2月のてんかん症例検討会

2月20日(水)、すずかけクリニックにて定例のてんかん症例検討会が行われました。検討された症例の概要は以下の通りです。(プライバシーに配慮し、個人情報にかかわる部分は実際と異なる内容となっています)

1.以前検討された症例で、発作時脳波が測定できたため視聴しました。CPSや強直発作やミオクロニー様の症状が同時に起こっていることと、脳波の波形が出ていないことが指摘され、観測された発作はてんかん発作ではない可能性があるとのことでした。

2.名古屋第二赤十字病院からの症例呈示で、失語発作のあるケースです。失語発作と発語停止発作の違いも検討され、この症例はブローカ失語に近い失語発作ではないかと指摘されました。

3.多発性血管腫によるてんかん発作が認められた症例で、外科手術が可能かどうかの検討がなされました。

4.側頭葉てんかんが疑われる症例で、CPSがみられないため側頭葉てんかんの診断でよいか、また脳内に腫瘤性病変があるため外科手術の適応かどうか、術後の精神症状のリスクも含めて検討されました。

次回は3月28日(木)愛知医科大学にて開催予定です。

2019年1月のてんかん症例検討会

2019年1月17日、愛知医大にて定例のてんかん症例検討会を開催しました。

検討された症例の概要は以下の通りです。(プライバシーに配慮し、一部事実と異なる内容になっています)

 

1.前頭葉てんかんで、薬物療法では発作の抑制が難しいだろうと思われる症例です。遺伝性のものかどうかも今後検討していく必要があるだろうという結論に至りました。

2.後頭葉てんかんと思われる症例です。後頭葉てんかんにみられる幻視の種類について詳細に検討されました。

3.若年性ミオクロニーてんかんが疑われる症例です。鑑別診断に生かすため、今後も発作動画を撮ってもらい、脳波検査も繰り返しおこなっていく必要があると結論付けられました。

 

2018年12月のてんかん症例検討会

2018年12月19日にすずかけクリニックにて定例のてんかん症例検討会を開催しました。

検討された症例の概要は以下の通りです。

 

1.以前検討された症例で、発作動画が追加呈示されました。検討の結果、前頭葉てんかんの可能性が高いという結論になりました。

2.名古屋大学附属病院より、外科手術後の経過報告があった症例です。

3.PNESが疑われる症例です。発作動画を蓄積し、経過観察することになりました。

4.幼少期の発作はてんかんによるものかもしれないが、最近の発作はPNESだろうと結論付けられました。