てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

  1. トップ
  2. 院長室だより

「おおなみ」2020年5月号に記事が掲載されました

公益社団法人日本てんかん協会愛知県支部の機関紙「おおなみ」2020年5月号に、私の記事を掲載していただきました。目の前の状況を打破する一つのヒントにしていただけたらと思います。
以下、同文を掲載します。

やってみてからしかわからない事

                                            医療法人 福智会 すずかけクリニック 福智寿彦

今年度も波の会愛知県支部の顧問役を務めさせていただく、すずかけクリニックの福智寿彦です。今年度もどうぞよろしくお願いいたします。

 以前、マラソンで世界を飛び回っているときに「どうしてそんなに辛いことに時間をかけて一生懸命にやってるの?意味わかんない」とよく言われました。

私は特に目的をもってマラソンを始めたわけではなくて、健康維持とダイエットのために走り始めたのがきっかけでした。それが走っているうちに楽に長距離走れるようになりどんどん距離を伸ばして時間を縮めていき、フルマラソンを4時間以内で走れるようになりました。練習しているときは苦しいのですが、本番の海外のマラソンで走っているときは世界中の人が自分を応援してくれているような気になり楽しく走れました。

 マラソンで自分に得られたものは何かと考えても特にはないような気がします。

 苦しい時は何も考えられません。ただ単に苦しいだけなのですが、練習をさぼっている日常に戻ると、苦しいなという感覚を忘れて頭の中で色々考えてしまいます。仕事のこと個人的な事将来のことなど。しかしマラソンの練習を再開すると「そんなことちっぽけで大したことではないな」と思えます。

 そういう意味で、マラソンは頭の中で考えていても上手くいかないときに一度肉体的苦痛によってリセットしてくれる作用がある気がします。座禅に似ています。

 コロナウイルスが流行し読書かDVDの映画三昧の毎日で運動不足になり、体重が8キロも増えてしましましたが、部屋にこもって本ばかり読んでいても思考に偏りが出てきます。皆さんは毎日どのように過ごしているのでしょうか?たまには肉体を目覚めさせて、実感として得られる考え方も持ってみたらいかがでしょうか?私も明日からジョギング復活させようかと思います。 今年度皆様健康に気を付けて一年お過ごしください。


2019年米国てんかん学会議(in ボルチモア)に参加しました

12月6日(金)~10日(火)の日程で、アメリカ合衆国のボルチモアで開催された「2019年米国てんかん学会議」(AES2019)に参加してきました。
世界中からてんかん関係者が集まり、専用のブースを設けて各自の取り組みを紹介する中、我々もパープルデーアジアの代表として、国内外での様々な活動をポスターや写真を用いて説明し、パープルデーの意義を訪れた人々に伝えていきました。
説明をしていて実感したのは、パープルデー自体が北米発祥でありながら、パープルデーそのものを知らない人が米国でもまだまだ多いということです。しかし、パープルデーの概要や意義を丁寧にお話しすると、訪れた人は皆熱心に耳を傾け、理解を示してくれました。特にてんかんの当事者たちが手作りで仕上げた様々なパープルデーグッズには、訪れた多くの人々が関心を持ち、手に取ったり身につけてくれたりしました。もちろんパープルデー活動の象徴である「パープルマン」とも皆で一緒に写真に収まって、声を揃えて元気にパープルデー活動を応援してくれました。
米国の気風も手伝ってか、参加者は皆フレンドリーで明るく、パープルマンがいるだけで笑顔でこちらに寄ってきてくれたりと、短い期間でしたが我々も非常に活気溢れるパープルデー活動を展開することができました。
来年7月にはまた、スイスのジュネーブの学会でのパープルデー活動を予定しています。欧州は米国よりもさらにパープルデーのことを知らない人が多いので、より多くの人にこの活動を知ってもらえるよう邁進していきたいと思っています。

2019ACCJ/TJCSシャンパンボールに参加しました

2019年11月15日(金)、ヒルトン名古屋で開催された2019ACCJ/TJCSシャンパンボールに参加しました。
主催は在日米国商工会議所中部支部と東海日本カナダ協会で、貧困層の子供たちの進学を応援するための寄付を募るパーティーです。
今回は、カナダ商工会議所の代表であり、長年の友人であるジェームズ・ヘデンさんのご招待で参加させていただきました。
日本では、学校に通って勉強できる環境が当たり前 にようになっていて、その有難さを実感することもなかなかないのが現実だと思います。今回このような会に参加させていただき、改めて「学ぶ」ということの意味に思いを巡らし、自分の仕事のあり方や原点を見つめる機会を頂戴し、身の引き締まる思いを新たにしています。

<English>

On November 15 I participated in the 2019 ACCJ / TJCS Champagne Ball held at Hilton Nagoya.

Hosted by the American Chamber of Commerce Chubu Chapter and Tokai Japan Canada Society, the party was held to raise donations to support children of the poor.
I was invited by James Hedden, a representative of the Canadian Chamber of Commerce, and a long-time friend.

In Japan, we take it for granted that students can study at school, so it’s hard to realize how thankful this is. This meeting let me rethink the meaning of “learning”, giving me the opportunity to reflect on our work and our origins.