医療法人福智会 すずかけクリニック

てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

講演会

岩手県ビルメンテナンス協会様の研修会にて講演しました

12月11日(火)、岩手県ビルメンテナンス協会様の研修会にお招きいただき、精神障害者の就労支援について講演させていただきました。
以前、イマーゴで開催された愛知県ビルメンテナンス協会様の研修会で講演させていただいたのですが、その時に参加されていた岩手県ビル管理事業協同組合 青年会長の佐藤様より是非岩手でもとお声かけ頂き、今回盛岡で講演の機会をいただきました。

内容としましては、『精神障害者とともに働く』ということで、精神医療の代表的な精神疾患の特性と、支援や配慮のポイントを説明させていただきました。
福智会の就労支援においては、体調やスキルなどの準備がすべて整ってから就職を目指すのではなく、足りないところは多職種が連携してサポートすることで社会に出る段階を早め、色々な経験を通してこころの成長を促すことが重要だと考えています。また、”精神障害者だから配慮が必要”なのではなく、他の社員と同じ愛情で”仲間”として受け入れていただき、成長のチャンスをもらえることが一番の配慮になると感じています。このようなメッセージも含めてお話しさせていただきました。

当日は50名ほどの参加者がいらっしゃり、質疑応答では多くの質問をいただき大変楽しい会となりました。佐藤様をはじめ菅原理事長とも色々なお話をさせていただき、大変勉強になりました。ありがとうございました。

Epilepsy Symposium in Hiroshimaで講演させていただきました

11月27日(火)、Epilepsy Symposium in Hiroshimaにて講演させていただきました。

 

Epilepsy Symposium in Hiroshima ~より良いてんかん診療を目指して~

於:シェラトングランドホテル広島

(主催 第一三共株式会社 ユーシービージャパン株式会社)

〇メッセージ

座長:広島県立障害者療育支援センター わかば療育園 精神科

日本てんかん協会 広島県支部 代表  岩﨑 學先生

『患者さんの気持ち 当事者からのメッセージ』

〇特別講演

座長:広島大学病院 てんかんセンター長

広島大学大学院 脳神経外科学 准教授 飯田幸治先生

演者:医療法人福智会 すずかけクリニック 院長 福智寿彦

『てんかん診療ネットワーク構築の秘訣』

 

今回は、広島で活躍されているてんかん専門医の先生方に向けて、多機能垂直型診療所である当法人の取り組みや事例を交えてご説明させていただきました。

また、てんかんの包括的医療においては診療科を超えて様々な連携がとれるような診療ネットワークを構築することが不可欠です。

かかりつけ内科医とてんかん専門医、脳神経外科と精神科など、患者さんのリカバリーのためにどんな連携が重要になってくるかについてお話ししました。

このような貴重な講演の機会をいただき感謝申し上げます。


(左から一ノ瀬病院院長 一ノ瀬孝彦先生、飯田幸治先生、院長、岩崎學先生)



てんかんに関する教育市民セミナーにて講演をしました

9月9日(日)、名古屋市ウインクあいちにて、てんかんに関する教育市民セミナーが開催されました。

テーマは「学校職場社会でてんかんへの正しい理解を深めよう」

すずかけクリニック院長 福智寿彦は「てんかんと就労~職場の方々に知っていただきたい注意点」をタイトルとし、講演をしました。

当日は多くの方々が会場へ足を運んでいただきました。セミナーは三つの講演に別れ、てんかんの基礎知識から当事者の就労支援まで、幅広くてんかんに関する情報を来場者の皆さんにお伝えしました。

このように、市民向けの教育セミナーを開催することによって、より多くの方々にてんかんに関する正確な知識を知っていただくことができます。

今後もセミナー及び講演会の準備に取り組んでいきたいと思っております。