てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

  1. トップ
  2. 医療関係の方へ
  3. 見学

見学

☆福智会は、施設見学を随時受け入れています☆

医療機関や一般企業の方に向けに、当法人の各施設や取り組みのご紹介をさせていただきます。
参加費:1人4000円(ランチ・ケーキ付き)
費用には、すずかけクリニック院長による講演と、スタッフによる施設案内が含まれます。ニーズに合わせて見学内容も調整可能です。 3名様よりお受けいたしますので、ご希望の場合はお問い合わせください。
Tel: 052-731-8300

サイコソーシャルリハビリテーション研究会

第40回名古屋サイコソーシャルリハビリテーション研究会に参加しました

2019年11月30日(土)、第40回名古屋サイコソーシャルリハビリテーション研究会に参加しました。


日時:2019年11月30日(土)18:00~
場所:ホテルメルパルク名古屋 3階「若葉」  名古屋市東区葵三丁目16-16
【情報提供】18:00~「不眠症治療薬 ルネスタ錠について」 エーザイ株式会社
【一般演題】18:15~18:45
座長:すずかけクリニック院長 福智寿彦
演者:福智クリニック デイケア「ぶなの森」臨床心理士 伊藤友厚
『当院デイケアにおける高齢者統合失調症患者の現状~その後を見据えたアウトリーチ~』
【特別講演】18:45~19:45
座長:愛知医科大学 精神科学講座教授 兼本浩祐 先生
演者:久留米大学病院 精神神経科准教授 小曽根基裕 先生
『うつと睡眠障害』
共催:サイコソーシャルリハビリテーション研究会・エーザイ株式会社

伊藤心理士からは、所属する福智クリニックデイケア「ぶなの森」での高齢化する統合失調症患者の現状及び今後の取り組みについて発表がありました。60歳以上の高齢者の疾患別割合、デイケア利用状況など、資料を用いて提示し、将来に向けた支援のあり方として、訪問看護による身体的なケアが重要であること、生活介護や介護保険に引き継いでいくこと必要である旨説明がありました。また、アウトリーチの意義として、デイケアの限界を見据え、地域内で自立した生活を送るためにPSWや看護師が他機関と連携していくことで専門性を活かした包括的な支援を提供できるとの話があり、具体的に2つの実例を用いて支援の経過、課題の抽出、今後の方向性の位置づけが提示されました。最後に、今後の法人としての訪問看護ステーションを新設してアウトリーチについて新たな取り組みを進めていくことに言及し、結びとなりました。

小曽根先生からは、「うつと睡眠障害」と題して、睡眠学から見たうつと不眠についての話がありました。うつの人の8割が睡眠障害があり、寛解後も3~6割は残ること、学生時不眠の人がのちにうつになりやすいこと、また現在ではうつと不眠は独立していて、かつては抗うつ剤だけで治療していたのが今は睡眠薬を用いていること、短期睡眠行動療法は不眠に効果があることなど、図を用いて説明がなされました。また、就労者の不眠のリスク、睡眠負債の実態の他、睡眠と認知の関係、うつの人の睡眠内容変化、抗うつ剤とBZ系睡眠剤の効果の違い、うつに併存しやすい睡眠障害として睡眠時無呼吸症候群などについても資料に基づいて詳しい解説をしていただきました。特に就労者の話の中で、日本は睡眠時間が6時間未満と少なく、不眠が続くことでQOL、作業能力が落ち、糖尿やうつの発症リスクがあり、産業事故などの惧れが高まること、十分に寝ても睡眠不足解消に3週間かかるという睡眠負債についての話で、勤務間インターバルの重要性が説かれたことなど、自分たちの仕事のあり方を見つめる上でも貴重な示唆をいただけたと思います。

お二人とも穏やかな語り口の中にご自分たちの取り組みへの強い思いを感じさせてくれる素晴らしい講演でした。ありがとうございました。

› more

てんかん症例検討会

2020年6月のてんかん症例検討会

6月17日(水)、すずかけクリニックにて定例のてんかん症例検討会が開催されました。検討された症例は以下の通りです(プライバシーにかかわる内容は一部事実と異なる内容となっています)。

1. 大きな発作を一度経験し、その後意識がありながら何もできない状態が短時間続く症状を繰り返している方の症例です。PNESか、CPSあるいは欠神発作かについて考察が加えられました。欠神発作が認められるが大事に至るものではなく、大発作が出ないための薬物治療が最優先であるとのことでまとまりました。
2. 若い頃からふらつきや吐き気、既視感・未視感を経験している方の症例です。てんかんの可能性があるか、AEDと抗精神病薬をどうするかなど、様々な視点から考察がなされました。てんかんを疑う病歴は認められず、非定型精神病の可能性が示唆されるが、患者の特異な体験型をもう少し掘り下げることが必要との結論に至りました。
3.短期間に何度も意識消失して倒れる症状を繰り返している方の症例です。発作が何によるものか、暑さとの関係はあるかなど、多方面から考察が加えられました。起立性調節障害からくるPNESと考えるのが妥当だが、本人の脆弱性や家族関係についても掘り下げる必要があり、カウンセリングやIQなど、詳しい心理検査が必要とのことでまとまりました。
4. 急な発作で倒れる経験を繰り返している方の症例です。焦点性てんかんか、発作直前のめまい等は前兆かなど、様々な角度から意見を交換し合いました。前兆と前駆症状の違いの確認し、この例は前兆ではないこと、若年性欠神てんかんと見なしてよいことを踏まえて薬物治療を行うことで意見の一致を見ました。

次回は7月15日(水)、すずかけクリニックにて開催の予定です。

› more

成人のためのてんかん診療フォーラム

第16回成人のためのてんかん診療フォーラムに参加しました

2019年11月9日(土)、第16回成人のためのてんかん診療フォーラムに参加しました。


日時:2019年11月9日(土)15:30~17:20
会場:ホテルメルパルク名古屋 1階『輝』 名古屋市東区葵三丁目16-16
【開会の辞】愛知医科大学理事長 祖父江元 先生
【特別講演1】15:35~16:30
座長:名古屋大学大学院医学系研究科 神経内科学教授 勝野雅央 先生
演者:むさしの国分寺クリニック院長 加藤昌明 先生
『てんかんを持つ女性が安心して妊娠・出産するための支援~正しい情報提供と、適切な薬物調整~』
【特別講演2】16:30~17:15
座長:名古屋大学脳とこころの研究センター 脳神経外科特任教授 前澤聡 先生
演者:愛知医科大学 精神神経科教授 兼本浩祐 先生
『けいれんするPNESについて』
【閉会の辞】名古屋医療センター 脳神経外科医長 梶田泰一 先生
主催:ユーシービージャパン株式会社・大塚製薬株式会社

加藤昌明先生からは、てんかんを持つ女性の妊娠・出産に際し、正しい情報提供と適切な薬物調整がいかに大切であるかについて、豊富な資料と図表を用いた説明がなされました。
まず「妊娠前にしておくこと」として、正しい情報提供を早めに行うこと、最適な処方を早めに実現することが挙げられました。妊娠中のてんかん発作による直接的リスク、児の認知機能への影響、抗てんかん薬服用時の大奇形出現率、各種AEDの催奇形性の用量依存性などについてそれぞれ解説があり、新たに治療を開始する際の第一選択薬としてまずLEVまたはLTGを使用し、VPAは避けるべきこと、すでに治療中の場合は薬物のリスクに関する十分な情報を医師・患者で共有すべきことが説かれました。
続いて「妊娠中にすること」として、妊娠中の用薬調整と授乳の説明の重要性について話しがありました。具体的には妊娠中の薬物血中濃度低下と蛋白結合率の関係、LTGのリスクを絡めた内容で、薬物は選んだ後が大切であり、発作の増悪と精神症状を見逃さないよう注意すべき旨説明がありました。

兼本浩祐先生からは、けいれんするPNESと題してお話しがありました。PNESは10万人に33人の割合で発症し、けいれんで重積になる場合が20~40%、致死的な状態になることもあり、特に日本においては起きやすいとのことでした。そしてPNESかてんかんかの判断がつきにくい場合は、まずはてんかんと疑って対処すべきこと、PNESの判断の基準として、病歴から判断する場合、目撃者がいる場合、てんかん専門医が目撃者である場合、発作脳波同時記録による場合があること、いくつかのサインを合わせて説明すべきことなどが説かれました。
「けいれんの質」からの考察として、フレクサーとイクステンサーのどちらか一方ならばてんかん、PNESは両方あること、立ったまま両手をぶらぶらさせることや前のめりの姿勢、首の横振りなどがPNESの疑いがあること、またてんかんの大発作の場合は、まず「あああ~」と強直し、細かい間代が続き、その後ゆっくりした動作になってハーッと吹き出し呼吸する、といった具合に一連の動きに起承転結があること、逆にPNESは起承転結がなく断続的になることなど、兼本先生ご自身がモデルとして実演した映像を交えながらユーモアたっぷりに説明してくださり、会場は軽妙な笑いと和やかな雰囲気に包まれました。

お二人とも、長年地道に取り組んでこられたテーマを各自の持ち味を生かした話しぶりでご披露くださり、参加者にとって非常に印象深くまた強い感銘を受けずにはいられない名講演でした。拝聴させていいただいたことを感謝したいと思います。

› more

研究

[Eng/Ch Below] ジョイス・ベンダー氏講演会 アメリカの障害者雇用と日本の障害者雇用の現状と課題

ジョイス・ベンダー氏講演会 アメリカの障害者雇用と日本の障害者雇用の現状と課題

416日(月)名古屋国際センター別棟ホールで、ベンダー・コンサルティング・サービス株式会社創立者・CEOであるジョイス・ベンダー氏の講演会を拝聴しました。講演会のテーマは「アメリカの障害者雇用と日本の障害者雇用の現状と課題」です。

(さらに…)

講演会など

日本精神神経科診療所協会2020年定時総会・第26回学術研究会が名古屋で開催されます

公益社団法人日本精神神経科診療所協会 2020年 定時総会 / 第26回(通算47回)学術研究会

日時:2020年6月6日(土)~7日(日)

会場:名古屋国際会議場 〒456-0036 名古屋市熱田区熱田西町1-1

テーマ:「日常課題への挑戦~ここからひらく外来精神医療の未来~」

大会HP:https://ww2.med-gakkai.org/26japc/

 

 

› more