医療法人福智会 すずかけクリニック

てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

☆福智会は、施設見学を随時受け入れています☆

医療機関や一般企業の方に向けに、当法人の各施設や取り組みのご紹介をさせていただきます。
参加費:1人4000円(ランチ・ケーキ付き)
費用には、すずかけクリニック院長による講演と、スタッフによる施設案内が含まれます。ニーズに合わせて見学内容も調整可能です。 3名様よりお受けいたしますので、ご希望の場合はお問い合わせください。
Tel: 052-731-8300

サイコソーシャルリハビリテーション研究会

第38回サイコソーシャルリハビリテーション研究会を開催しました

3月30日(土)、第38回サイコソーシャルリハビリテーション研究会を開催しました。


第38回サイコソーシャルリハビリテーション研究会(共催:ヤンセンファーマ株式会社)

日時:2019年3月30日(土)17:00~18:30
会場:名鉄グランドホテル11階「桂の間」

座長:医療法人福智会すずかけクリニック 院長 福智寿彦
一般演題:「維持期を見据えた統合失調症治療‐パリペリドンの役割‐」
医療法人回精会 北津島病院 苅田公平先生

座長:愛知医科大学 精神科学講座 教授 兼本浩祐先生
特別講演:「通信情報技術や人工知能を活用した今後の精神科医療の展望と課題」
慶応義塾大学医学部精神・神経科学教室 専任講師 岸本泰士郎先生


苅田先生からは、維持期の統合失調症のケースに、従来の向精神薬からパリペリドンにスイッチした場合の効果についてご報告いただきました。従来の向精神薬では錐体外路症状など副作用が出ていたケースも、パリペリドンを使用したことでCP換算値が低下し、副作用が軽減するなどのメリットがあったそうです。
臨床に即したデータをご提示いただき、大変参考になりました。

岸本先生からは、AIやオンライン診療についてご講演をいただきました。当初、情報通信技術やAIをテーマにお話しくださるとのことで、難しいお話なのでは…と先入観を持っていましたが、大変興味深く勉強になるご講演でした。

今後は幅広い分野でますますAIの活用が進んでいくと思われますが、例えばスタッフ自身の共感性や患者さんへの接し方・関わり方のスキル向上のため、AIを用いてコミュニケーションのあり方をチェックするなど、精神科リハビリテーションの領域でもAIを上手に取り入れ、人のスキルや人間力もアップできる時代が来るとよいなと感じました。また、遠隔診療についても日本は海外に比べて導入が遅れていますが、メリットを生かしながら精神科医療にも導入が進んでいくことを期待しています。

ご講演くださった先生方、誠にありがとうございました。

次回のサイコソーシャルリハビリテーション研究会は、6月29日(土)に開催予定です。
多くのDr.、コメディカルの先生方のご参加をお待ちしております。


 

<English>

39th Psychosocial Rehabilitation Workshop
March 30th

Dr Kariya showed us the effects when the medicine was changed from previous psychoactive drugs to Paliperidone. In cases where previous drugs has caused side effects such as extrapramidal symptoms, Paliperidone had shown less side effects.

Dr Kishimoto gave us a lecture on AI (Artificial Intelligence) and online medical examination. AI is expected to be introduced even into psychiatric fields in the future. For example, AI could be used to check the medical staff’s empathy and their attitude to the patients.

Thank you very much for the wonderful lectures. The next workshop will be on June 29th.

› more

てんかん症例検討会

2019年4月のてんかん症例検討会

4月17日(水)、すずかけクリニックにて定例のてんかん症例検討会が開催されました。検討された症例は以下の通りです(プライバシーにかかわる内容は一部事実と異なる内容となっています)。

1.以前に検討された症例ですが、新たに出現したPNES様の症状について検討されました。主に心理学側面から多様な意見が集められました。

2.他院からの症例呈示で、患者さんのライフプランの希望と外科治療の選択について検討されました。のちのライフプランに影響が出にくく、リスクの少ない術式がよいだろうということで意見が交わされました。

3.CPSやGTCはなく、発作はすべて既知感等の前兆のみで終わるという症例でした。薬物療法によって発作は抑制されましたが、大変興味深いケースでした。

4.前頭葉てんかんの方で、睡眠時のみ発作が出現する方の症例でした。前頭葉広範囲において発作が出現しており、薬物療法で発作を止めることは難しいだろうとの意見が出ました。

5.意識消失のエピソードがいくつかありますが、どれもてんかん発作ではなく失神であろうと結論付けられました。無意識のうちに意識消失を誘発する要因があったのかもしれないとの意見もありました。

次回は5月23日(木)、愛知医科大学にて開催予定となっております。

 

 

<English>

Monthly Epilepsy Case Study (April 17th)

1. Due to newly found PNES-ish symptoms, this case has been studied again. Psychologic views were gathered.
2. Surgery procedures and life plan were considered. It was concluded that surgery with low risks were desired.
3. No CPS or GTC were observed. All seizures ended only with premonition such as déjà vu. Seizures were reduced after medical treatment.
4. Case of frontal lobe epilepsy. Seizures occurred only during sleep. Difficult to stop seizures with medicine.
5. Faints several times, but none of them were epileptic.

Next conference will be at Aichi Medical University on May 23th (Thurs.)

 

 

› more

成人のためのてんかん診療フォーラム

成人のためのてんかん診療フォーラム

1月13日(土) ホテルメルパルクNAGOYAにて

成人のためのてんかん診療フォーラムが行われました。

(主催 ユーシービージャパン株式会社、大塚製薬株式会社)

講演内容は以下の通りでした。

特別講演1「てんかんに伴う精神症状とその対応」

医療法人静和会 浅井病院 精神科 外来部長 原広一郎先生

特別講演2「てんかん診療ガイドライン2018のポイント」

九州大学大学院医学研究院 脳神経病研究施設臨床神経生理学分野 教授 飛松省三先生

てんかんと精神症状、薬について等、貴重なお話をお聞きすることが出来ました。

てんかん学は常に進歩しており、日々勉強し続けていくことが必要であると改めて感じました。

1515846772625

1515846774398

1515846778273

1515846779529

1515846782557

1515846785006

1515846789238

1515846791119

› more

研究

[Eng/Ch Below] ジョイス・ベンダー氏講演会 アメリカの障害者雇用と日本の障害者雇用の現状と課題

ジョイス・ベンダー氏講演会 アメリカの障害者雇用と日本の障害者雇用の現状と課題

416日(月)名古屋国際センター別棟ホールで、ベンダー・コンサルティング・サービス株式会社創立者・CEOであるジョイス・ベンダー氏の講演会を拝聴しました。講演会のテーマは「アメリカの障害者雇用と日本の障害者雇用の現状と課題」です。

(さらに…)

講演会など

医療者のためのてんかん講習会が開催されました

名古屋大学医学部附属病院にて、愛知県てんかん治療医療連携協議会主催のてんかん講習会が開催されました。


2月3日(日)医療者のためのてんかん講習会(会場:名古屋大学医学部附属病院)

第一部 座長:名古屋大学大学院医学系研究科精神医学・親と子どもの心療学分野 尾崎紀夫先生
てんかん診療連携について」名古屋大学大学院医学系研究科障害児(者)医療学寄付講座 夏目淳先生
てんかんの診断・分類」愛知医科大学精神科学講座 兼本浩祐先生
てんかん患者の社会参加」医療法人福智会すずかけクリニック 福智寿彦

第二部 座長:名古屋大学大学院医学系研究科神経内科学講座 勝野雅央先生
てんかんの内科的治療」愛知医科大学小児科学講座 奥村彰久先生
てんかんの外科的治療」名古屋大学脳とこころの研究センター 名古屋大学大学院医学系研究科脳神経外科学講座 前澤聡先生


講習会までに十分なお知らせの期間がなかったにも関わらず当日はのべ108名の方にご参加いただき、本協議会の注目度の高さがうかがえました。県外から参加くださった方もいらっしゃったようです。今回はてんかん医療にかかわるコメディカルの方向けの講習会でしたが、愛知県のてんかん医療の向上と連携構築のため、当院も貢献できるよう力を注いでまいります。

愛知県てんかん治療医療連携協議会

 

› more