てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

  1. トップ
  2. てんかん症例検討会
  3. 2020年4月のてんかん症例検討会

2020年4月のてんかん症例検討会

4月15日(水)、偶数月ではありますが、コロナウィルス感染症対策の一環として、愛知医科大学ではなくすずかけクリニックにててんかん症例検討会が開催されました。検討された症例は以下の通りです(プライバシーにかかわる内容は一部事実と異なる内容となっています)。

  • 小さい頃から発作を経験し、発作時に高振幅のSpikeとWaveを呈する方の症例です。VEEGの発作の様子を精査しながら考察が加えられました。レノックス症候群に似ているが焦点性てんかんの可能性が高いということで意見の一致を見ました。
  • 何度か脳波検査中に発作を起こしている方の症例です。検査中のビデオで本人に動きを確認しながら考察が進められました。強直の要素が強く前頭葉てんかんと思われるが、夜間に発作が出て日中に出ていないことで本人の生活の面で支障はないのでこのまま治療を変えないでおくこととなりました。
  • 数年前から何度か発作を経験している方の症例です。てんかんの可能性があるか、PTSDかなど、様々な観点から考察が加えられました。側頭葉てんかんと考えて良いが、まず発作を止めることが肝要で、精神症状が収まって初めて話が整理されてくるとのことでした。また、脳外科でMRIを撮り、脳腫瘍の有無を確認することになりました。
  • 若年より様々な種類の発作を経験している方の症例です。発作はSPSか、すべててんかんによるものか、それともうつ病かなどについて考察がなされました。てんかんの可能性は低いが、かなり丁寧に解明していかないと整理がつかない事例なので、今までの病院からもっとデータを集めて症状がどのように出たかを明らかにしていく必要があるとのことで話がまとまりました。  
  • 【※次回は5月20日(水)、すずかけクリニックにて開催予定となっております】
このエントリーをはてなブックマークに追加

« »