てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

  1. トップ
  2. てんかん症例検討会
  3. 2019年12月のてんかん症例検討会

2019年12月のてんかん症例検討会

12月12日(木)、愛知医科大学にて定例のてんかん症例検討会が開催されました。検討された症例は以下の通りです(プライバシーにかかわる内容は一部事実と異なる内容となっています)。

1. 若年時にけいれん発作を発症し、高齢になってからもCPSらしき症状を繰り返している方の症例です。脳波検査中に発作が前頭葉てんかんのCPSでよいかどうかの検討が加えられました。左手の震えがあることから前頭葉てんかんの可能性は低く、状況的に決定打にも欠けるため、更に何度か脳波を調べる必要があるとの話しでまとまりました。
2. 十代の頃からけいれんやめまい、意識消失を繰り返している方の症例です。PEかIGEかなどについて、様々な観点から検討が加えられました。症状的に焦点性ではなく、どちらかといえば特発性全般てんかんと思われ、服薬としてTPMを試してみるとよい旨話しがありました。
3. 昨年来けいれんや過呼吸、物忘れを繰り返している方の症例です。症状がてんかんによるものか、またAEDをどうするかについて検討がなされました。自分のやりたいこととできることとのギャップから来るストレスが原因のPNESと思われ、カウンセリングを続けて本人の自己肯定感を少しずつ高めていくのがよい旨アドバイスがありました。

次回は2020年1月29日(水)、すずかけクリニックにて開催予定となっております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »