医療法人福智会 すずかけクリニック

てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

[Eng/Cn below] 第36回名古屋サイコソーシャルリハビリテーション研究会を開催しました

[Eng/Cn below] 第36回名古屋サイコソーシャルリハビリテーション研究会を開催しました

10月13日(土)、ホテルサンルートプラザ名古屋で第36回名古屋サイコソーシャルリハビリテーション研究会を開催しました。
今回の研究会では、千葉大学社会精神保健教育研究センターから渡邊博幸特任教授をお迎えしご講演して頂きました。薬物療法、周産期メンタルケア及び就労支援の面から統合失調症者の暮らしを支えることに関するご講演でした。薬物療法、長期入院防止プログラム、就労支援についてのコメディカルの役割、今後の精神医療のあるべき姿などについて、分かりやすくご説明して頂き、非常に勉強になりました。渡邊教授には本当に感謝申し上げます。
このように、定期的に研究会を開催し、専門医の方々にお話しを頂き、勉強の場を作り続けたいと思います。

On 13th of October, at Sunroute Plaza Nagoya, Mr. Fukuchi, the Dean of Fukuchikai, organized 36th Nagoya Psychosocial Rehabilitation Research Meeting.
The whole program was separated into three sections: introduction of products, general seminar and special seminar. The meeting starts from 18 pm and Mr. Fukuchi hosted the general seminar.
Moreover, the meeting invited Prof. Watanabe from Center for Forensic Mental Health of Chiba University as a special speaker. Prof. Watanabe gave a lecture concerned with schizophrenic patients’ life support from the views of pharmacotherapy, periodic mental care and employment assistance. The lecture was interesting to the audience and very helpful for other doctors to understand the important role of psychiatric care in the future.
Our sincere appreciation to Prof. Watanabe for giving such a meaningful lecture and we would like to continue operating the research seminar to deepen our understanding about the value of psychiatric care.

10月13日,在名古屋sunroute plaza酒店举办了第36回名古屋精神保健康复研究会。
此次研究会,我们特别邀请了来自千叶大学社会精神保健教育研究中心的渡边特任教授来给大家召开了讲座。讲座内容从药物医疗,周期性心理保健以及就业支援三方面对精神分裂症患者的生活援助提出了观点。渡边教授的讲座有趣生动,切合实际问题,针对当前精神医疗的意义以及今后的变化做出了解析,受益匪浅。对渡边教授的参与与指导我们深感荣幸,十分感谢。
我们将继续举办研究会,为给位医师提供学习讨论的机会,加强专业素养积累知识经验。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »