医療法人福智会 すずかけクリニック

てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

[Eng/Cn Below] 第2回フィコンパを考える会に参加しました 

[Eng/Cn Below] 第2回フィコンパを考える会に参加しました 

7月8日(日)、「第2回フィコンパを考える会」が東京品川プリンスホテルにて開催されました。

フィコンパはゾニサミド以来27年ぶりに日本で開発された抗てんかん薬で、部分発作だけでなく硬直間代発作にも適応する薬です。

フィコンパの薬品特徴、適正使用及び症例検討に関する講演が拝聴でき、大変勉強になりました。

引き続き、フィコンパの今後の発展に注目し、抗てんかん薬の最新動向を把握し積極的に講演会に参加していきたいと思っております。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
On August 7th, I attended the second studying lecture about Fycompa at Tokyo Shinagawa Prince Hotel.

Fycompa is a new Japanese anti-epileptic drug , 27 years after the development of Zomisamide which was made in Japan as well.

I will keep following the newest information and knowledge about Fycompa and catching up with its development and therapeutic effect.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
我参加了7月8日在东京品川王子酒店举办的第二回考虑吡仑帕奈的学习会。

吡仑帕奈是日本时隔27年,继唑尼沙胺之后,再次本土研发的抗癫痫药物。在此次学会中我学习了有关吡仑帕奈的最新知识和治疗病例,受益匪浅颇有收获。

今后我会继续关注吡仑帕奈的发展动向,积极参与各类有关抗癫痫药物的学习会。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »