医療法人福智会 すずかけクリニック

てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

[Eng/Cn Below] 成人てんかんにおけるペランパネルを考える会で講演しました

[Eng/Cn Below] 成人てんかんにおけるペランパネルを考える会で講演しました

6月20日(水)、エーザイ株式会社名古屋コミュニケーションオフィスにて「成人てんかんにおけるペランパネルを考える会」が開催されました。

当院院長の福智寿彦は「ペランパネルの使用経験~精神科の立場から~」をテーマに講演させていただきました。
パネルディスカッションでは、不眠のあるてんかんには睡眠作用のあるペランパネルは良い抗てんかん薬ですが、高齢者の方が夜間トイレへ行かれる際など、薬の副作用でふらつく危険性があるため注意が必要であることもお話しさせていただきました。

会場では多くの先生方とお会いすることができ、また多くのご講演が拝聴でき大変勉強になりました。
今後も、てんかん治療に関わる最新の情報を把握するため、引き続き積極的に講演会や学会に参加していきたいと考えています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Regarding a lecture at the meeting on Perampanel in adult epilepsy.
On June 20, Eisai Co., Ltd. held a meeting regarding the “considerations on the usage of perampanel in adult epilepsy” at Nagoya Communication Office.
The director of Suzukake Clinic, Toshihiko Fukuchi gave a lecture on “the experience of using perampanel – from the position of psychiatry”. In the panel discussion, various side effects of perampanel were pointed out as cautions; for instance, even though perampanel, which has drowsy effect, is considered useful antiepileptic drug for epilepsy with insomnia, it is pointed out that elderly people might have a danger of wandering due to side effect when going to the nighttime toilet.
The discussion also provided a venue to meet many doctors from whose meaningful lectures I learned a lot. I will continue to grasp the latest information on epilepsy treatment and continue to actively participate in academic societies.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

在6月20日,在卫材制药有限公司名古屋交流会所举办了思考吡仑帕奈对成年癫痫病人的作用的研讨会。
福智会的福智院长从精神科的角度讲述了吡仑帕奈的临床使用经验,指出具有催眠效果的吡仑帕奈虽然对治疗不眠有功效然而其副作用会使老年人在晚上如厕时发生昏倒的危险性。
现场遇到了许多的医生和专家,也听到了许多具有意义的讲座,受益匪浅。今后将继续积极参加有关癫痫治疗的讲座,及时把握癫痫医疗的最新动向。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »