てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

  1. トップ
  2. 講演会
  3. 第2回豊田加茂精神科医会学術講演会で講演をしました

第2回豊田加茂精神科医会学術講演会で講演をしました

 

平成26年3月15日、第2回豊田加茂精神科医会学術講演会にて

平成26年3月15日、第2回豊田加茂精神科医会学術講演会にて

平成26年3月15日(土)に開催された、第2回豊田加茂精神科医会学術講演会(於:ホテルトヨタキャッスル、主催:大塚製薬株式会社)で『精神障害者のリカバリーを進めるための工夫』という演題で講演をさせていただきました。

ご存知の方も多いことと思いますが、平成26年度の診療報酬改定に伴い、今年の4月から 「1年以上精神科デイケアを利用している人」の利用可能日数について「週に5日まで」という制限が加わります(これまでは、利用上限が週5日までとなるのは「3年以上」の利用の人に限られていました)。

 これは、精神科デイケアを利用している患者さんに関するデータから、「デイケアの治療効果(主観的日常生活動作の改善)は1年で横ばいになる」という結果が出たためです。

今後、精神科デイケアには明確な治療効果を出すことが一層求められていると言えます。
デイケアが患者を抱え込まないこと、漫然とデイケアを運営するのではなく明確な目的をもつこと等の意識を職員がもつことが必要ですし、認知機能の改善や社会復帰の実現、リカバリーの促進等あらゆる視点から治療効果を説明できることが今まで以上に重要となってくる局面を迎えています。

日本の精神医療を取り巻く現状 平成26年度診療報酬改定

 デイケアに何が必要か リカバリーとデイケア

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »