てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

  1. トップ
  2. てんかん症例検討会
  3. 2013年12月のてんかん症例検討会

2013年12月のてんかん症例検討会

2013年12月19日(木)に、てんかん症例検討会が愛知医科大学で開催されました。

今回取り上げられた事例に基づいて議論された内容をご紹介します。
(プライバシーに配慮し、個人情報にかかわる部分は実際と異なる内容となっています)

事例1)
数年前に自動車運転中に意識を失った事例です。検討会では、てんかん発作と考えられる発作が一度確認されただけでは、てんかんと呼ぶことはできないとの議論が為されました。車の運転については、前回の発作(自動車事故時)から2年間禁止とし、様子を見ていくこととなりました。

事例2)
デイケアで心理社会的リハビリテーションを行なっている事例です。てんかんの治療を行なうだけでなく、身体疾患の治療を受けることを促し、金銭管理をチームで行なっていく必要がある旨が話し合われました。

事例3)
ミオクローヌスと思われる発作がある事例です。「手足が動かなくなる」という現象について議論になりましたが、ミオクローヌス発作は下肢には出現しないため、これはてんかん発作ではないとの結論が導き出されました。但し、実際のてんかん発作も混在している事例のようで、今後の薬物療法の進め方についてディスカッションがありました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »