てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

  1. トップ
  2. 2020年
  3. 01月
  4. 31日

2020年1月のてんかん症例検討会

1月29日(水)、すずかけクリニックにて定例のてんかん症例検討会が開催されました。検討された症例は以下の通りです(プライバシーにかかわる内容は一部事実と異なる内容となっています)。

1. 頭が右に向き、けいれん発作に至る症状の方の症例です。PEかIGEか、AEDをどうするかなど、多方面から検討がなされました。特発性全般てんかんと思われるが、焦点性の可能性もあり、結論は保留となりました。
2. 幼児から複数の種類の発作を繰り返している方の症例です。部分てんかんか二次性全般化か、AEDがこれでよいかについて検討がなされました。てんかん性脳症の可能性が高く、処方もそのままで様子を見ることとなりました。
3.家族にてんかん患者があり、本人もけいれん発作を経験している症例です。てんかんか、アルコールに起因する症状であるかについて検討がなされました。けいれんのみ確認されており、服薬と本人の生活習慣の確立がまず優先とのことで話がまとまりました。
4.数年前から寝ている間に発作を起こしている方の症例です。CPSはあるのか、GTCは年に1回か、AEDをどうするかについて検討がなされました。現在はCPSは確認しておらず、LEV処方後は発作もないとのことで、生活リズムの形成等で今の仕事を続けられるようサポートすることが必要との話しでまとまりました。
5.高齢になってから耳鳴りがあり、硬膜下水腫がある方の症例です。てんかんか、数度ある交通事故と発作の因果関係はどうかについて検討がなされました。症状がてんかんらしくなく、一過性虚血性発作の可能性があるが、さらに詳しい聞き取りが必要との結論に至りました。

次回は2月20日(木)、愛知医科大学にて開催予定となっております。