医療法人福智会 すずかけクリニック

てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

19日

2019年10月のてんかん症例検討会

10月17日(木)、愛知医科大学にて定例のてんかん症例検討会が開催されました。検討された症例は以下の通りです(プライバシーにかかわる内容は一部事実と異なる内容となっています)。

1. 全般性強直間代発作や欠神発作、意識消失などの症状が見られる女性についての症例です。発作が排卵日と重なっており、生理的現象が原因と見て差し支えないとの結論に至りました。
2. 強直性の痙攣や左頭部頭痛を経験している方の症例です。てんかん(特発性全般てんかん)かどうかについて検討がなされました。間代の要素がなく、分類不能てんかんと見なされるが、焦点性てんかんの可能性が高いとのことでした。
3. 夏場に急な意識消失を2度経験している方の症例です。てんかんであるか、またAED投与をどうするかについて検討がなされました。明らかなてんかん発作が確認されておらず、熱中症性のせん妄の可能性も指摘されましたが、脳波の波形から、特発性全般てんかんと考えられるとのことで一応の決着を見ました。
4. 大きな発作を2回と、細かな発作を何度も繰り返している方の症例です。てんかんか否か、またAEDの適切な調整について検討がなされました。てんかんの可能性が高く、服薬はPERかLEVに絞り、最終的にはLEVのみにしていくことで意見がまとまりました。
5. 意識消失と手足の痙攣がある方の症例です。全般てんかんか、意識の消失はてんかんによるものか、またMPHの服用による発作誘発の有無などについて検証が加えられました。おそらく症状は焦点性てんかんであり、MPHも服用しない方向で考えていくこととなりました。

次回は11月20日(水)、すずかけクリニックにて開催予定となっております。