医療法人福智会 すずかけクリニック

てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

21日

2019年2月のてんかん症例検討会

2月20日(水)、すずかけクリニックにて定例のてんかん症例検討会が行われました。検討された症例の概要は以下の通りです。(プライバシーに配慮し、個人情報にかかわる部分は実際と異なる内容となっています)

1.以前検討された症例で、発作時脳波が測定できたため視聴しました。CPSや強直発作やミオクロニー様の症状が同時に起こっていることと、脳波の波形が出ていないことが指摘され、観測された発作はてんかん発作ではない可能性があるとのことでした。

2.名古屋第二赤十字病院からの症例呈示で、失語発作のあるケースです。失語発作と発語停止発作の違いも検討され、この症例はブローカ失語に近い失語発作ではないかと指摘されました。

3.多発性血管腫によるてんかん発作が認められた症例で、外科手術が可能かどうかの検討がなされました。

4.側頭葉てんかんが疑われる症例で、CPSがみられないため側頭葉てんかんの診断でよいか、また脳内に腫瘤性病変があるため外科手術の適応かどうか、術後の精神症状のリスクも含めて検討されました。

次回は3月28日(木)愛知医科大学にて開催予定です。

 

<English>

Monthly Epilepsy Case Study (Feb 20th)

1. Watched record of EEG during seizure. No abnormalities were observed.  Because CPS, tonic and myoclonic seizures were happening at the same time, it was concluded that the seizure could have been non-epileptic.

2. Case of aphasic seizure, from Japanese Red Cross Nagoya Daini Hospital. The difference between aphasia and aphemia was emphasized. It was pointed out that this case was similar to Broca’s aphasia.

3. This case’s epilepsy seizure was caused by multiple hemangiomas. It was debated whether surgery was possible or not.

4. In this case, temporal lobe epilepsy was suspected, but because CPS has not been observed, the diagnosis was reconsidered. Necessity  of surgery to remove brain tumour was thought over, considering the mental risks after surgery.

Next case study will be on March 28th, at Aichi Medical University.