医療法人福智会 すずかけクリニック

てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

10日

[Eng/Ch Below] 新しい施設外就労先としてカカシカフェが愛知県図書館内にオープンしました!

CYMERA_20180508_132503 CYMERA_20180508_1326175月9日に新しい施設外就労先としてカカシカフェが愛知県図書館内にオープンしました。

接客をはじめとする仕事の訓練を行います。香り高いオーガニックコーヒー・紅茶が1杯200円!その他、ハンドメイドの焼き菓子を販売しています。オープン記念としてドリンクを注文の方先着400名の方にパウンドケーキ1個プレゼント!!
初日は60名を越えるお客様にご来店いただきカカシ達(ここで働く利用者さんの愛称)も一生懸命頑張りました!
緑豊かな木々に囲まれた閑静な環境の中でゆったりと心を落ち着けるティータイムやお友達との楽しい会話はいかがでしょうか?
皆様のご来店をお待ちしています。

On 9th May, Kakashi Café was opened in the Aichi Prefectural Library as a new office work destination.

The café indeed serves as a venue for training the hospitality. A high quality fragrant organic coffee and the tea is only 200 yen per cup! What is more, the café is offering a handmade baked confectionery. In the opening ceremony, the café offered 1 piece of pound cake free for around 400 first comers who ordered ceremonial drinks! !

On the first day, more than 60 customers came to visit Kakashi, the name of the café that is derived from pet name of the employee, who also worked very hard in the opening day!
How about a tea time to relax and calm yourself in a quiet environment surrounded by lush trees and take a delight from an enjoyable conversation with your friends?

We look forward for your visit!

CYMERA_20180508_132951 CYMERA_20180508_133115

                                                                                                                                             5月9日作为诊所外患者就职场所的稻草人咖啡厅在爱知县图书馆开张迎客了

稻草人咖啡厅是福智会为患者提供劳动机会进行就业技能培训的又一新场所。店内装修风格优雅,浓香咖啡和精品红茶仅需200日币就可品尝,另外为纪念新店开张,我们将会免费为先来店的400名顾客各提供一份薄煎饼。

9号是开张的第一天,稻草人们(对咖啡厅工作人员的爱称)接待了60多位顾客,大家脸上洋溢着欢笑,认认真真地完成了服务员的工作。

咖啡厅木质装修风格一定能给您带来悠闲雅致的美好空间,何不带上朋友一起来享用我们美味的饮品和糕点?

稻草人咖啡厅敬候您的光临。

[Eng/Ch Below] 当事者さんのお母様からのメッセージ

2018年、パープルデーが日本に広げてもう四年目になります。記念イベントも規模が段々大きくなり、毎年多くの方々が参加しています。

当事者さんの御家族である横関弘子さんからのメッセージが、波の会(日本てんかん協会)の機関雑誌「なみ」(2018年5月号)に掲載されています。

横関さんは今年の名古屋のパープルデーイベントのお手伝いとして参加してくださり、スタッフと一緒にイベントを盛り上げて頂きました。

御本人からのメッセージとして、名古屋のみならず、より多くの地域でパープルデーイベントに参加していきたいとのことです。パープルデーを啓発活動の一環として、てんかんの正しい知識を一般の方々に伝え、世間のてんかん患者に対するスティグマをなくしたいと考えていらっしゃいます。また、現在パープルデーは専門医及び専門家スタッフ中心で運営を進めていますが、当事者や家族がこれから中心スタッフとして成長していくことも大事とおっしゃっています。

今後も、パープルデーイベントがより多くの当事者及びご家族の皆さんに参加して頂き、てんかんの社会的注目を集め、人々の関心を一層高めていけるよう努めて参ります。

2018-05-10+110644

2018-05-10+110710

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2018 is the forth year since Purple Day has been officially celebrated in Japan. The concerned events have become increasingly influential and currently attract a large number of people to participate.

Ms. Yokoseki Hiroko, a mother of our patient, has sent her message about her experience of participating in Purple Day. And the message has been placed in the official magazine of Nami no Kai (Japan Epilepsy Association).

Ms. Yokoseki has attended the events of Purple Day in Nagoya this year as a helper. As her message states, she enjoyed the events and hopes that she could attend more Purple Day events in more cities. She attempts to propagate more knowledge about epilepsy to the public and dispel people’s prejudice against epilepsy patients thorough Purple Day.

We would like to work with patients and their families to raise further consciousness from society. And we hope that patients and their families will continue positively participating into events and become centre stuffs in Steering Committee of Purple Day in the future.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2018年是紫日在日本展开官方纪念活动的第四年。随着互动规模的增大,参加活动的人数野越来越多。并且,其中一位参加成员的母亲,横关广子女士的感想文被刊登在日本癫痫协会的机关杂志上了。

横关女士是我院一名患者的母亲,她不仅积极参与了今年在名古屋举办的紫日活动,还在活动举办之前帮助运营委员会推进准备工作。

横关女士说她对能够参与名古屋紫日活动感到非常开心,并希望今后能在日本其他城市继续参与紫日的相关活动。她说期盼紫日活动作为癫痫启发活动的一部分,能够将正确的有关癫痫的知识传授给大众并消除大家对癫痫病患者的偏见。并且期待更多的患者及其家属能够在紫日活动中扮演更加核心重要的角色,将目前医生与相关工作人员主导开展的运营模式转变为由患者及其家属为主要运营成员的模式。

我们衷心希望今后能有更多的患者与其家属能够参与紫日活动,与大家一起推动紫日的发展,进一步提高社会对癫痫的关注并消除人们对癫痫的错误认识与偏见成见。