医療法人福智会 すずかけクリニック

てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

04月

[Eng/Ch Below] ライフサポートプログラム 五月病について考えました

すずかけクリニック ライフサポートプログラム 五月病について考えてみよう

4月24日(火)、すずかけクリニックでライフサポートプログラムを行いました。参加メンバーは6名です。

もうすぐ5月とのことで、今回のテーマは「五月病」です。メンバーの皆さんと、五月病ならないためどのような工夫が必要なのかについて考えてみました。

一時間の中、メンバーの皆さんから沢山のアイデアが生まれました。

とにかく明るい気分を保つこと、また張り切り過ぎない、ストレスを溜めないことも大事です。

若い人とコミュニケーションを取ったり、自分へのご褒美も忘れない!セロトニン(幸せホルモン)を増やして五月病を乗り越える対策を考えながら有意義な時間を過ごしました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

On 24th, April, Live Support Program was held at Suzukake Clinic with six participants.

May is coming soon so the topic of Program this time was May blues. Members positively shared their opinions about how people could overcome May blues.

During one-hour discussion, plenty of ideas have were presented. Keeping bight is  extraordinary important and releasing stress by communicating with young generation is another effective method.

Furthermore, treating myself by buying a present also helps increase serotonin known as pleasure hormone. Hope these ideas could be adopted and help all of us live peacefully in May.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

4月24日,六名Suzukake诊所的成员参加了诊所开办的生活支援讨论会。

由于5月马上到来,此次的讨论会主题是如何克服五月病。在一个小时的讨论过程中,成员们积极出了各种建议。比如保持开朗的情绪,和年轻人多多交流,及时释放压力等等。

还有给自己的一点点奖励来增加血清素(快乐荷尔蒙)获得幸福感。

成员们的建言提议希望能在实际生活中获得参考,来帮助大家安好和谐地度过五月。

 

IMG_2140_副本

IMG_2144

mind_20150116_01

 

[Eng/Ch Below] 静岡てんかん・神経医療センターから感謝状を頂きました

静岡てんかん・医療センターから、パープルデーキャラクターのパープルマンと医療法人福智会くうねる宛に感謝状をいただきました!

3月26日(月)に静岡てんかん・神経医療センターで行われたパープルデーイベントに名古屋からパープルマンが駆け付け、子どもたち・ご家族のみなさん・スタッフの皆さんに大変喜んでもらいました。

寄せ書きには、静岡てんかんセンターの皆さんからの温かいメッセージがたくさん書かれており感激です。ありがとうございました。

今後も引き続き、福智会はパープルマンと活動を続けていきます!これからもパープルマンはてんかんをもつ方たちに愛と勇気を届けていきます!

 

IMG_2425

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Letters of thanks from the National Epilepsy Center in Shizuoka, Japan

On April 20th, Purple Man, the main Purple Day character and Fukuchi-kai’s Employment Placement Support Office, Ku-nel, received letters of thanks from the National Epilepsy Center in Shizuoka, Japan.

On March 26th, Purple Day events were held at the National Epilepsy Center in Shizuoka, Japan. The events included the performance of Purple Man, with the Center turning purple for the celebration. The kids at the Center were elated by the appearance of Purple Man!

Fukuchi-kai, including Ku-nel, felt extremely honoured to receive the letters of thanks. We would like to continue collaborating with the National Epilepsy Center in Shizuoka, Japan to propagate Purple Day and raise public concern about epilepsy.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

收到了来自国立病院机构静冈癫痫神经医疗中心的感谢状

4月20日,癫痫日(紫日)的主要角色紫人和福智会就职支援事务所Ku-nel分别收到了来自静冈癫痫神经医疗中心的感谢状。

3月26日,在静冈癫痫神经医疗中心开办了癫痫日纪念活动。活动包括了癫痫日主要角色紫人的表演,并且在紫人登场时医疗中心变成了紫色的世界。医疗中心的孩子们也对紫人的出现惊喜万分,活动现场充盈着欢乐愉悦的气息。

对本次的感谢状,包括Ku-nel在内的福智会全体工作人员感到十分荣幸。我们希望继续和静冈癫痫神经医疗中心保持合作,扩大癫痫日的宣传力度,进一步加强公众对癫痫的关注关心。

 

[Eng/Ch Below] ラコサミド Round Table Discussionに参加しました

☆ラコサミド Round Table Discussionに参加しました☆

4月19日(木)、ホテルグランヴィア大阪で開催された「ラコサミド Round Table Discussion」に参加させていてだきました。
勉強会はスペシャルレクチャーとディスカッションに分かれ、スペシャルレクチャーは京都大学大学院医学研究科の池田昭夫教授を座長に、Arizona College of Medicineから越しのDr.David Treiman, MDの「てんかん患者管理における根拠に基づく医療及び経験に基づく医療」をテーマにした講演を拝聴しました。ディスカッションでは近畿大学医学部脳神経外科学教授の加藤天美先生から「新規抗てんかん薬が切り開く、てんかん治療の新時代」をテーマにした、非常に有意義なお話を伺うことが出来ました。
「ラコサミド」は、既存の抗てんかん薬とは異なる新しい作用機序を有し、電位依存性ナトリウムチャネルの緩徐な不活性化を選択的に促進することにより、神経細胞の過剰な興奮を低下させる薬剤です①。
今回の勉強会を通じて、私はラコサミドの特性並びに今後の使い方などをしっかり勉強してきました。ラコサミドは部分的てんかんにおいて第一選択薬になる抗てんかん薬だと思いました。今後も引き続きラコサミドに関する最新の研究成果や勉強会に参加していきたいと考えております。

① https://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006685.htmlを参照

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

☆“Lacosamide Round Table Discussion” in Osaka☆

On 19th April, I attended the “Lacosamide Round Table Discussion” which was held at the Hotel Granvia Osaka.

The discussion was separated into two sections. The first section was hosted by Prof. Ikeda Akio from the Graduate School of Medicine, Kyoto University. During this, Dr. David Treiman, MD from the Arizona College of Medicine gave a presentation titled “Evidence based and experienced based medicine in the management of people with epilepsy.” In the second section, Prof. Katou Amami from the Neurosurgery Department of School of Medicine, Kinki University delivered a presentation about Lacosamide. It is considered a new antiepileptic drug for the treatment of partial epileptic seizures. The presentation was extremely meaningful for understanding the importance and usefulness of Lacosamide.

Lacosamide, different from existing antiepileptic drugs, has a new mechanism of action that helps alleviate excessive excitation of neurons by selectively promoting the inactivation of a voltage-dependent sodium channel①. By attending the seminar, I studied hard about the features of Lacosamide and its usage in future. Furthermore, as far as I am concerned, Lacosamide will be the optimal choice for treatment of partial epileptic seizures. The whole discussion was overwhelmingly fascinating, and I would like to keep on participating in epilepsy-related seminars to follow the newest information and ideas.

① Please refer to https://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006685.html (Japanese)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

☆我参与了4月19日的拉考沙胺学习会☆

4月19日星期四,我前往大阪参与了在大阪格兰比亚酒店举办的拉考沙胺学习会。
学习会由特殊讲座和讨论会两部分组成。特殊讲座部分由京都大学医学院研究科的池田昭夫教授主持,来自美国亚利桑那大学医学院的戴维特雷曼博士以“癫痫病患者管理中的循证医学和经验医学”为题发表了讲演。讨论会部分由近畿大学医学部脑神经外科的加藤天美教授以当代新型抗癫痫病药物为主题,阐述了使用拉考沙胺来治疗部分性发作的新时代癫痫治疗法。内容非常具有意义,受益匪浅。
拉考沙胺,不同于现有的抗癫痫药物,其特点是通过选择性促进电压依赖性钠通道的灭活性来抑制神经细胞过度的兴奋,起到缓解癫痫病症状的作用①。通过参与这次的学习会,我对拉考沙胺的特征以及今后的使用方法有了更加具体的学习和了解,并认为拉考沙胺将会成为治疗部分性发作药物的最佳选择。我也将继续参与和拉考沙胺有关的学习会以及讲座会来紧跟相关治疗的最新动态。

① 请参照 https://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006685.html(日语)

2018-04-20+101305
(近畿大学医学部 脳神経外科学 加藤天美教授 右から三番目)

2018-04-20+101303
(会場の写真)

2018-04-20+101251
(ラコサミドRound Table Discussionチラシ)