医療法人福智会 すずかけクリニック

てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

パープルデー

[Eng/Ch Below] 第32回エリカカップヨットレースに参加しました

5月10日、JSAF外洋東海主催の第32回エリカカップヨットレースに参加しました。

コースの場所は三河湾蒲郡沖で、大型クルーザー70艇の参加でした。東海地域を中心に延べ480人の参加で、カラフルな帆が三河湾東部の海を彩りました。

当日は波も穏やかで、午後からは晴れ間が広がり、ヨットレースには良いコンディションでした。私たち福智会もレースに参加しました。ヨットの大きな帆にはパープルマンが描かれて、てんかん啓発キャンペーンの一環として、私たちもレースに出ることでパープルデーの宣伝になればと思っています。広い三河湾の海に、紫色の旗を立上げ、世間からてんかんへの感心が高まる事を願い、コースを完走しました。

今後も引き続きヨットレースに参加します。パープルデーの旗は再び広大な海で掲げられ、クルーザーが福智会スタッフの思いを載せて、遠く遠く出航します。

2018-05-28+101638

2018-05-28+101641

2018-05-28+101651

2018-05-28+101647 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

On 10th May, we attended the 32nd Erika Cup Yacht Race held by JSAF Toukai.

The racing place is Mikawa gulf and 70 racing cruisers participated in the race on that day. 480 people came for the yacht race and various sails colored the gulf.

The wave was calm, and sea was peaceful, weather also turned sunny in afternoon so it was a proper condition for yacht race. We attended the race as a team of Fukuchi Kai. Illustration of Purple Man has been printed on the huge sail of our yacht and we strongly hoped that it could raise people’s attention about purple day and epilepsy. On the ocean, we pulled up the purple sail and finished the race successfully at last. What an unforgettable and meaningful rave we have experienced.

Definitely our participation in yacht race would be continued and one more time, we will raise the flag of Purple Day and sail the yacht far and far.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

5月10日,JSAF东海举办了第32届帆船竞赛。比赛举办地是三河湾,以东海地区为中心,有70艘大型帆船和480名参赛者前来一决高下。各种颜色的船帆将三河的海湾染成了五彩的世界。当天海浪平稳午后天气逐渐转晴,出航情况良好,选手们都跃跃欲试,想尽快出海竞技。我们福智会也参加了当天的比赛。在巨大的船帆上印上了紫人的画像,希望参与比赛的同时能够竭力给大家宣传紫日和癫痫病。最终,我们顺利地完成了赛程,使紫色的船帆飘扬在了三河湾广阔的海面上。

今后我们将继续参加帆船竞赛。揭帆启浆,心存高远,在浩瀚的远洋上扬起紫色的旗帜,为癫痫治疗事业继续奋斗。

[Eng/Ch Below] 名古屋テレビ塔ライトアップ(中日新聞)

5月12日(土)の中日新聞に掲載されていた、名古屋テレビ塔ライトアップに関する記述がてんかん啓発キャンペーンを提起しました。

名古屋テレビ塔が開業したのは1954年で日本において最も開業が早いテレビ塔です。また今年6月で夜間のライトアップが始まって30年目になります。2014年には開業60周年を契機に約一万個のLEDをテレビ塔の背骨部分及び外側の骨組みに設置しました。

ライトアップはこれまで多くの企画に使われました。てんかん啓発キャンペーンの企画では、テレビ塔は紫色のライトアップを行い紫色に染まり、パープルデーを記念します。

今後も、より多くの方々にてんかんへの関心を持って頂くため、引き続き名古屋テレビ塔とコラボレーションを企画し、てんかんの社会的発信を強めていきたいと思っています。

2018-05-16+151049■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

The report about Nagoya Tv Towel’s light-up in Chunichi newspaper has mentioned the epilepsy enlightenment campaign.

In 1954, Nagoya Tv Towel was opened, and it is the first tv tower to start operation in Japan. Moreover, June this year is the 30th year of Nagoya Tv Tower’s night light-up. In 2014, for celebrating 60th anniversary of Nagoya Tv Towel, nearly ten thousand LEDs were installed in the body of Nagoya Tv Towel. And the light-up has been utilized for various programs. In case of epilepsy enlightenment campaign, the lights turn purple and the whole tower is decorated in purple for celebrating Purple Day.

We strongly wish to collaborate with Nagoya Tv Towel for more campaign in future. And we definitely believe that purple light-up will push forward social concern about epilepsy and provoke the public attention to epilepsy patients.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

中日新闻5月12日的报纸上刊登了名古屋电视塔点灯的报道,其中提及了癫痫病启发活动。

名古屋电视台在1954年开业,是日本第一家开业的电视塔。今年6月也是名古屋电视塔开始夜间点灯的第三十个年头。在2014年,为纪念开业60周年,约有一万颗LED被安装在了电视台的骨架上。其点灯仪式被用于各类宣传活动,意义重大。以癫痫启发活动为例,电视台会在夜间点亮紫色的灯光,为电视台披上紫色的外衣,来向社会宣传癫痫病。

我们由衷希望能够继续和名古屋电视台继续合作开展紫色点灯仪式,来加强社会对癫痫的关注,向全社会传递关怀癫痫病人的信号。

[Eng/Ch Below] 静岡てんかん神経医療センター臨床検査科渡邉宏美様からのメッセージ

静岡てんかん神経医療センター臨床検査科渡邉宏美様から、パープルデーのイベントに関する記述が静岡てんかん神経医療センターの情報誌「あかり」(平成30年第54号)に掲載されました。

3月26日はパープルデーです。静岡てんかん医療センターも今年の24日、25日の週末、静岡市役所前の青葉通りで記念イベント行いました。

2日間、天気に恵まれて多くの方々に足を運んでいただきました。イベントの一環としての「てんかんクイズ」を通じて、皆さんにてんかんへの理解を深めて頂くことが出来ました。また、静岡てんかん神経医療センターの患者さん達にもイベントのお手伝いをして頂き、良い交流になりました。

このようなイベントを契機に、皆さんにはよりてんかんに関心を持っていただき、一人でも多くの方がてんかんの早期発見及び治療に協力して頂ければ良いと思っています。

2018-05-16+1506572018-05-16+150836 (1)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

The message about Purple Day has been placed in the magazine of Shizuoka Institute of Epilepsy and Neurological Disorder “Akari” from Ms. Hiromi Watanabe in Department of Clinical Laboratory.

26th of May is Purple Day. Shizuoka Institute of Epilepsy and Neurological Disorder also run some events concerned with epilepsy the Aoba Road in front of Shizuoka City Hall on 24th and 25th May.

During two days, the weather was perfect for outdoor activities and many visitors came for our Purple Day events. Visitors deepened their understanding about Epilepsy through attending “Epilepsy Quiz”, and we also heard the voice from patients in the institute who helped run the events.

We truly hope that more people would be concerned about epilepsy through the Purple Day events and make their contributions to early detection and remedy of epilepsy.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

来自静冈癫痫神经医疗中心临床检查科的渡边宏美女士的一篇记事被刊登在了静冈癫痫神经医疗中心的杂志“Akari”上。

3月26日是紫日。因此在24日和25日的周末,静冈癫痫神经医疗中心在静冈市政府办公厅前的青叶通道举办了紫日活动。

这两天天气晴朗适合室外活动,我们的展台也来许多的来访者,引起了许多路人的关注。我们举办了癫痫提问环节,让大家对癫痫这类疾病有了跟多更深的认识。两天里,医疗中心的病人也积极给与了帮助,与医生有了更多的交流。

通过举办紫日活动,我们真诚希望更多的人能够关注癫痫,为癫痫的早期发现与及时就诊给与更多的帮助。