医療法人福智会 すずかけクリニック

てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

講演会

[Eng/Cn Below] 成人てんかんにおけるペランパネルを考える会で講演しました

成人てんかんにおけるペランパネルを考える会で講演しました
6月20日(水)、エーザイ株式会社名古屋コミュニケーションオフィスにて「成人てんかんにおけるペランパネルを考える会」を開催」いたしました。
当院院長の福智寿彦は「ペランパネルの使用経験~精神科の立場から~」をテーマに講演しました。パネルディスカッションでは、不眠のあるてんかんには睡眠作用のあるペランパネルは良い抗てんかん薬ですが、高齢者が夜間トイレへ行かれる際薬の副作用でふらつく危険性があるため注意が必要と指摘しました。
会場では多くの先生方とお会いするができ、また多くの有意義なご講演が拝聴でき、大変お勉強になりました。今後も、てんかん治療に関る最新の情報を把握し、引き続き積極に学会に参加していきたいと思っております。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Regarding a lecture at the meeting on Perampanel in adult epilepsy.
On June 20, Eisai Co., Ltd. held a meeting regarding the “considerations on the usage of perampanel in adult epilepsy” at Nagoya Communication Office.
The director of Suzukake Clinic, Toshihiko Fukuchi gave a lecture on “the experience of using perampanel – from the position of psychiatry”. In the panel discussion, various side effects of perampanel were pointed out as cautions; for instance, even though perampanel, which has drowsy effect, is considered useful antiepileptic drug for epilepsy with insomnia, it is pointed out that elderly people might have a danger of wandering due to side effect when going to the nighttime toilet.
The discussion also provided a venue to meet many doctors from whose meaningful lectures I learned a lot. I will continue to grasp the latest information on epilepsy treatment and continue to actively participate in academic societies.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

在6月20日,在卫材制药有限公司名古屋交流会所举办了思考吡仑帕奈对成年癫痫病人的作用的研讨会。
福智会的福智院长从精神科的角度讲述了吡仑帕奈的临床使用经验,指出具有催眠效果的吡仑帕奈虽然对治疗不眠有功效然而其副作用会使老年人在晚上如厕时发生昏倒的危险性。
现场遇到了许多的医生和专家,也听到了许多具有意义的讲座,受益匪浅。今后将继续积极参加有关癫痫治疗的讲座,及时把握癫痫医疗的最新动向。

[Eng/Cn Below] 第43日本精神科看護学術集会in愛知企業セミナーで講演致しました

第43回 日本精神科看護学術集会in愛知企業セミナー
2018年6月15日(金)、名古屋国際会議場211会議室にて第43回日本精神科看護学術集会in愛知企業セミナーを開催いたしました。
当院院長の福智寿彦は「最新のてんかん治療~リカバリーをめざして~」と題して、講演をしました。
福智院長はスライドやビデオを利用し、てんかん患者さんのリカバリーに興味を持っていただけるよう、てんかんの基礎知識を簡明に教えました。
このような貴重な機会を頂き、誠にありがとうございました。今後も、てんかんの知識及びリカバリーの大切さを伝えていきたいと思っています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

The 43rd Japan Psychiatric Nursing Science Association in Aichi Business Seminar.

On June 15, the Japan Psychiatric Nursing Science Assembly in Aichi Business Seminar was held at the conference room of Nagoya International Conference Hall on Friday.
In the seminar, the director of Suzukake Clinic Toshihiko Fukuchi gave a lecture entitled “Newest Epilepsy Treatment – Aiming for Recovery”.
In the seminar, Director Fukuchi taught the participating students the basic knowledge regarding epilepsy and urged them to carry an interest in the recovery of patients with epilepsy.
Thank you very much for providing such a valuable opportunity. We would like to continue to communicate the knowledge of epilepsy and the importance of recovery in the future.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

43届日本精神科护理学术集会(爱知企业研讨会)于6月15日在名古屋国际会议场举办。福智会Suzukake诊所的福智院长以“最新的癫痫治疗-以社会回归为目标-”为主题,给与了一场精彩的讲座。
当天的会场里,来宾大都是护理学专业的学生,福智院长不仅向他们教授了有关癫痫的基础知识,还呼吁大家关注癫痫病人的社会回归,对他们的全面康复予以理解与支持。
感谢主办方给与的如此珍贵的演讲机会。今后,我们福智会将继续宣传有关癫痫的知识以及帮助病人回归社会的重要性。

[Eng/Ch Below] 第6回多摩てんかん地域診療ネットワーク懇話会に参加しました

第6回多摩てんかん市域診療ネットワーク懇話会に参加しました

2018年5月12日(土)、東京都立川市のパレスホテル立川で開催された第6回多摩てんかん市域診療ネットワーク懇話会に参加させて頂きました。

懇話会は講演及びパネルディスカッションの二部に分かれ、私は講演1で「てんかん患者の自立と社会参加支援について」を題して講演させていただき、パネルディスカッションではコメンテーターとして参加させて頂きました。

久しぶりに多摩地域に行きました。多摩地域はてんかんの診療圏として多くのてんかん診療医師がいらっしゃいます。この度の懇話会を参加して、うまく横の糸が繋がれば患者さん達はハッピーになれると思いました。私の講演を通じて多摩地区でも就労を軸とした社会参加がしやすい環境ができるようになりますと嬉しいと思いました。また、懐かしい先生方が沢山さんかいらっしゃり私も大変楽しかったです。

今後も、名古屋のみならず、てんかん診療の地域発展や各地域の繋がりにも力を入れて、他地域のてんかん学会に積極的に参加していきたいと思っています。

PS* チラシを添付致します。第6回多摩てんかん市域診療ネットワーク懇話

 

2018-05-14+101716

(国立精神神経科医療センター脳神経外科岩崎先生 東京都立神経病院脳神経外科松尾先生)

2018-05-14+101719

(国立精神神経医療センター 特命副院長岡崎先生らと)2018-05-14+101721

(パネリストの三先先生)

2018-05-14+101723

2018-05-14+101725 (1)                                            (むさしの国分寺クリニック名誉院長 大沼悌一先生)

2018-05-14+101728                                            (むさしの国分寺クリニック 大沼 加藤 村松先生)

2018-05-16+150754

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

I participated into the 6th Tama Epilepsy Local Remedy Network Discussion held in Palace Hotel Tachigawa in Tokyo on 12th, May.

The discussion was separated into two sections: Lecture and Panel Discussion. I attended both two sections and gave a speech titled “The independence and social recovery support of epilepsy patients” in the first lecture. At Panel Discussion, I attended the discussion as a commentator.

It has been a long time since I went to Tama area last time. Tama area is famous for its high density of epilepsy institutions and doctors. Thorough the discussion I strongly confirmed that collaboration and connection among institutions and doctors would be beneficial to epilepsy patients.And I truly hope that, after hearing my presentations in the discussion, the social recovery model characterized by job support could be also adopted in Tama Area. Moreover, meeting with all old friends made me feel nostalgic and reminded me of the old times I have spent with them.

I would continue actively attending the discussions concerned with epilepsy not only in Nagoya but in other areas as well and contribute myself to strengthen the connection among institutions for sharing information and knowledge of epilepsy.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

五月十二日,我参加了在东京多摩皇宫酒店举办的第六届多摩地区癫痫治疗研讨会。

研讨会分成讲座和模板展示两部分,讲座环节我以癫痫病人的自立以及社会回归援助为主题进行了讲演。在模板展示环节我作为评论人员参与其中。

离我上次来到东京多摩地区已经过去许久。多摩地区以其高密度的癫痫治医疗设施和相关医疗人员被业界所知。通过此次参与,我强烈感觉医疗设施之间的沟通与交流对促进癫痫治疗有着巨大的积极作用。希望在听完我的发表之后,多摩地区也能推动以就业支援为中心的社会回归支援项目。另外,时隔许久,此次研讨会遇到了许多旧识与老前辈,真是令人欣喜不已同时感慨光阴飞逝。

今后,我也会积极地参加在各地举办的与癫痫有关的各类研讨会,为加强各地区之间的治疗经验交流与提升全国癫痫治疗的联动性增添自己的一份力量。