医療法人福智会 すずかけクリニック

てんかん・統合失調症・うつ病治療 名古屋・今池の精神科クリニック

052-731-8300


〒464-0850 名古屋市千種区今池 5-19-12

サイコソーシャルリハビリテーション研究会

第30回名古屋サイコソーシャルリハビリテーション研究会を開催しました

9月10日(土)に、ザ・サイプレスメルキュールホテル名古屋で第30回名古屋サイコソーシャルリハビリテーション研究会を開催しました(共催:Meiji Seikaファルマ株式会社)。

20160910

(一番左)須江洋成先生、(左から二番目)熊谷幸代先生

一般演題:『当院におけるミルタザピンの使用経験」
(江南厚生病院 緩和ケア科 熊谷幸代先生)

特別講演:『てんかんの精神医学的側面とそのリハビリを考える』
(東京慈恵会医科大学 臨床検査医学講座(神経科) 教授 須江洋成先生)

(さらに…)

松本ハウス出演!第29回名古屋サイコソーシャルリハビリテーション研究会

平成28年1月9日(土)に、大塚製薬株式会社主催の第29回サイコソーシャルリハビリテーション研究会に、医療法人福智会の職員も参加しました。

IMG_2822

(一般演題:『エビリファイLAI使用経験から統合失調症治療を考える』 (わたなべメンタルクリニック 院長 渡邉 俊之先生)

一般演題:『統合失調症治療における経口薬の問題点をLAIは補えるか?』 (愛知医科大学医学部 精神科学講座 准教授 松原 桃代先生)

特別講演:『統合失調症がやってきた』 (松本ハウス))

 

今回の特別講演は漫才コンビ「松本ハウス」さんによる、幻聴と妄想をネタにした漫才で始まりました。
松本ハウスのハウス加賀谷さんは、統合失調症をもちながら芸能界で活躍されています。
その後、県立城山病院 院長の粉川進先生の トークでは、キック松本さんの「相方」としてのお話が印象的でした。
「この人は統合失調症だから、という目で見るのではなく、まず”人として”その人を見た上で、その人の背景に統合失調症があるんだと考えてかかわると、コミュニケーションがスムーズにできる」というお話は、加賀谷さんと長年息の合った相方をされてきた人ならではの体験談で、参加した医療従事者も改めて感銘を受けたとの感想が聞かれました。

IMG_2823

また、松本ハウスさんは全国の病院デイケア等で講演活動もされているそうです。
そこで統合失調症を題材にした漫才をしたところ、はじめは暗い表情だった利用者の皆さんも、その次に会ったときには「私たちも自分のことをもっと表現したい!」と、病気の体験を基にした大喜利大会に積極的に参加されていたのが嬉しかったとのお話がありました。

統合失調症に代表される精神疾患は、人生に大きな影響を及ぼします。
ですが、それは人生の終わりはないのだと私たちは思います。
その体験を越えて、新たな「自分らしい生き方」を見つけ、歩んでいくサポートをしていけたらと改めて考えさせられる講演会でした。

第23回 名古屋サイコソーシャルリハビリテーション研究会

 

平成26年5月10日(土)メルパルクNAGOYAにて、第23回名古屋サイコソーシャルリハビリテーション研究会を開催致しました(共催:日本イーライリリー株式会社)
当日のご講演内容をご紹介します。

(右から)山根寛先生、兼本浩祐先生、渡邉貴博先生と

(右から)山根寛先生、兼本浩祐先生、渡邉貴博先生と

(さらに…)

第22回 名古屋サイコソーシャルリハビリテーション研究会

平成25年11月16日(土)メルパルクNAGOYAにて、第22回名古屋サイコソーシャルリハビリテーション研究会を開催致しました(共催:ヤンセンファーマ株式会社)
当日のご講演内容をご紹介します。

 

左から、森 康浩先生(愛知医科大学)、兼本 浩祐先生(愛知医科大学)、上田 敬太先生(京都大学)、福智 寿彦

左から、森 康浩先生(愛知医科大学)、兼本 浩祐先生(愛知医科大学)、上田 敬太先生(京都大学)、福智 寿彦

 

(さらに…)

第21回 名古屋サイコソーシャルリハビリテーション研究会

平成25年7月20日(土)メルパルクNAGOYAにて、第21回名古屋サイコソーシャルリハビリテーション研究会を開催致しました(協賛:Meiji Seikaファルマ株式会社)
当日のご講演内容をご紹介します。

渡邉博幸先生(中央)、兼本浩祐先生(右)と

渡邉博幸先生(中央)、兼本浩祐先生(右)と

(さらに…)

第20回名古屋サイコソーシャルリハビリテーション研究会

20回目の名古屋サイコソーシャルリハビリテーション研究会をメルパルクNAGOYAにて開催いたしました(協賛:大塚製薬株式会社)

一般演題:『アリピプラゾールによって寛解した統合失調症患者にとってのリカバリーとは』
(愛知医科大学医学部 精神科学講座 伊藤 剛先生)

特別講演:『レジリアンスと統合失調症』
 (自治医科大学 精神医学教室 准教授 小林 聡幸先生)

今回を迎えられましたのも、皆様のご理解とご支援の賜物とありがたく存じます。
今回の講演内容をご紹介致します。

(さらに…)